11eyes

11eyes:最終話(第12話)

▼最終話
どう解釈すればいいだろうか。[ CV:小野大輔 ]の目に見えた赤い月。崩壊を始めた赤い夜から戻った先の世界で、再び赤い夜がやってくるということを意味していると理解して間違えないような。今度は違う。戦う意味、守るべき人を駆が理解している。今度は同じ事を繰り返さない。そんな決意。ストーリーは完結した。違う世界という形で賢久[ CV:森久保祥太郎 ]彩子[ CV:たかはし智秋 ]も生きている。それでも想像を巡らせることのできる意味深なエンディング。これはキレイにまとめてきたな。悪くなかったと思う。

▼感情移入しにくい登場人物
主人公の駆にしてもそうだし、後半はヤンデレモードに突入したゆか[ CV:後藤麻衣 ]もそうなんだけど、どうにもこの主役級の二人がゲーム的、アニメ的すぎる。性格や考えてることが分かりやすいので、物語の世界観を理解するという意味では実にありがたい。一方で、極端な反応(強いて言えば極端な正義感)をするもんだから、そこで急激に「この物語はフィクションです」の現実に引き戻される。やはり一級品の作品には、ストーリーと登場人物が絶妙に絡み合って面白さがどんどん高まっていく要素を持っているもの。残念ながら11eyesにはそれは無い。

▼ストーリーの構成はGOOD
ゲーム原作ということで、主人公モテまくりで全ヒロインを適当に舐める展開を警戒した。前述のとおり登場人物の描き方にはイマイチ納得がいかなかった一方で、赤い夜というキーワードを上手く使った前半の構成は良かったと思う。何が起きてるのか分からないままに赤い夜に引き込まれ、そして戦わなくてはならない戸惑い。ここでは駆やゆかの心情描写が実に単純な事がプラスに作用。ストーリーとのシンクロ感が高まった。惜しむべくは毎回同じパターンだったが故、5話付近で既に飽きてきたことか。

▼作画は及第点
現実から赤い夜に引き込まれるときの演出、そして赤い夜から再び現実に戻るときの演出。これはゲームと同じ演出手法なのか?分かりやすいのはもちろんだし、「うわっここでか!」という意外性と焦燥感をあおるのに必要十分。あのガラスが割れるような音、前半は相当な恐怖だったぞ。作画については特筆すべきものはなく、及第点という言葉がぴったりだと思う。色使いが暗くて絵が単調に見えてしまうのは残念なところだ。色彩設定にもう一工夫欲しい。ところで、ストーリーを異にするサービスカット満載なOVAがリリースされるらしいです。なるほど、そういう売り方もあるのか・・。

11eyes(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:動画工房

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11eyes(第11話)

これは完全にBADエンドじゃないか。ヤンデレモードに突入したゆか[ CV:後藤麻衣 ]が暴走。リーゼロッテ[ CV:新名彩乃 ]の「好きな人が守れれば世界なんてどうでもいい・・」という想いとシンクロ。[ CV:小野大輔 ]美鈴[ CV:浅川悠 ]も戦うことなく死んでいく。

原作ゲームの内容を知らないとは言え、これは明らかにどっかでフラグを立て忘れて、GOODエンド(TRUEエンド)へのルートから外れてしまったとしか思えない。となると、やはり駆の「ゆかを守る!」というある意味で自己中だったその考えを矯正するところがポイントじゃなかろうか。

駆もゆかと同じ状態になっていた可能性が大いにある。まさか意表を突いてこれがGOODエンドルートなのか?最後のシーンから想像するに、駆は普通に生きてそうな雰囲気だけども。

11eyes(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:動画工房

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11eyes(第10話)

とらわれのお姫様と思われた人物は、奈落落としを目論むリーゼロッテ[ CV:新名彩乃 ]。正義の味方が定石の主人公チームが、まさかの悪役。それにしては黒騎士以外の気持ち悪いアレはどう見ても悪の手下のやられ役にしか見えないけども。それはさておき、ようやく全貌が明らかになったこの11eyesの世界観。予想を超えてなかなかに深く作り込んであるじゃないか。エロゲの構築する世界観ってやたらにうんちく臭が漂ってくどかったりもするんだけど、11eyesは素直に「そうきたか!」という驚きが先に来たな。

もはや完全に人格が崩壊してきたゆか[ CV:後藤麻衣 ]をよそ目に美鈴[ CV:浅川悠 ]と駆が乳繰り合ってみたり、そうかと思えば死なないはずの雪子[ CV:壱智村小真 ]が無残に殺されたり。身内の人間関係もシビアでディープ、そして自分たちの存在が世界の悪である境遇。これはやはり単なるパンツアニメではなかったか。

11eyes(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:動画工房

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11eyes(第9話)

パンツアニメの面影はどこへやら、さすがに完全シリアスモードになってきましたか。赤い夜になっていなくても予断を許さない状況に。まずは衝撃的な、彩子[ CV:たかはし智秋 ]の死。しかも逆さづりにされて最期の言葉を遺すことなく。なんとも陰惨な光景。

そして彩子の死に暴走する賢久[ CV:森久保祥太郎 ]を自らの手で殺める雪子[ CV:壱智村小真 ]ゆか[ CV:後藤麻衣 ]は完全にいっちゃってるし、美鈴[ CV:浅川悠 ]は廃人モードだし、仲良しごっこしてる場合じゃないなこれは・・・。

8話[ CV:萩原えみこ ]の言っていた「悪魔の力」はてっきりゆかの事だと思ったんだけど、9話を見てる限り栞はゆかにおかしな態度も取ってないし、どういうことなんだろう。

11eyes(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:動画工房

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11eyes(第8話)

突然[ CV:小野大輔 ]に「血を吸え!」と言って肩をはだける美鈴[ CV:浅川悠 ]。そこまで脱がなくても良いのに・・。これはヤンデレゆか[ CV:後藤麻衣 ](今回は欠席)の目撃フラグ立ちまくりじゃないか。予定通り、ゆかが道場に来てしまうわけですが。

ますます危ないキャラに変貌していくゆか。[ CV:萩原えみこ ]によると「悪魔の力」が目覚めてしまったらしいです。でも普通に考えて駆の自己犠牲と俺が守ってやる精神は、少々ウザい。ゆかがイヤになってしまうのも分からないでもない。「ゆかを守る!」とか偉そうに言っていながら、自己陶酔しているだけだしね。今の駆は。

11eyes(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:動画工房

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11eyes(第7話)

6話までの展開での俺の予想は、姿を消したゆか[ CV:後藤麻衣 ](パンツ皆勤中)が[ CV:小野大輔 ]への気持ちを利用され、敵となって駆たちの前に現れるストーリー。これは今のところハズレ。覚醒したゆかはまさかのヤンデレ路線に。目がやばい。

そんなゆかの覚醒を前に雪子[ CV:壱智村小真 ]の過去の告白。なんかすげーことをやらかしたらしいので、どんだけ凄まじいのかと思ったら、案外普通。それよりも賢久[ CV:森久保祥太郎 ]が雪子を好きだった方が驚きなんですが。

後半は覚醒したゆかがポイントだな。敵となってしまうのか、味方のままなのか。駆のおかげで元に戻ってハッピーエンドにはなりそうだけども。

11eyes(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:動画工房

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11eyes(第6話)

ゆか[ CV:後藤麻衣 ][ CV:小野大輔 ]の事が好きで、駆もゆかの事を守りたいと言ってるわけだから、普通に考えると恋人同士なんだけども。そういう設定では無いとなると、ちょっと今回のゆかの行動は痛いよなぁ。勝手に嫉妬して無茶を言ったあげくに行方不明。もうちょっと大人になって欲しいよなぁ、正直なところ。そんなシリアス展開ですが、今回も1カットでパンツ皆勤中です。

相変わらず赤い夜の実態はよく分からないままだけど、とりあえず駆の右目が「アイオンの眼」という物であることは分かった。時々フラッシュバックする光景から、どうやら過去と関係あるらしい。駆が「施設育ち」という所から、駆自身の過去も伏せられている部分が多い。「時空を越えた力が」的な方向に行くのか?それとも駆とゆかが実は過去の人か?比較的わかりやすい路線に進んでいるかな。

11eyes(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:動画工房

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11eyes(第5話)

ん~、どうだろうか。4話までは何とか耐えたんだけど、さすがに5話になってもパターンが固定化してくると少々飽きてくる・・。ポイントは[ CV:小野大輔 ]のお姉さんとそっくりらしい菊理[ CV:力丸乃りこ ]と右目か。

前者の方はそもそもここまでのストーリーの中で触れられていないので、イマイチ駆とゆか[ CV:後藤麻衣 ](パンツ皆勤中)の驚きが伝わらないのは残念。赤い夜で何をしていたんだ?という疑問点は一つ残ってるけどね。後者の方は・・・一応これから先のストーリーに伏線を張った、というところだろうか。材料はなかなか良い物を揃えてるんだけどな。まだ下味を整える段階と思って、先の展開を期待してみる。

11eyes(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:動画工房

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11eyes(第4話)

赤い夜に引き込まれるタイミング、そして戻ってくるタイミング。敵の強さと美鈴[ CV:浅川悠 ]雪子[ CV:壱智村小真 ]の能力のバランス。このあたりが絶妙、とまでは行かないが結構良い感じに保たれていて、興味を惹かれるストーリーをひとまずキープ。

これで一応[ CV:小野大輔 ]を中心としたいわゆる攻略可能なヒロインが出揃ったことになるんだろうか。まだ敵か味方か、仲間に加わるのか分からない素性の知れない人物もいるけど、これでようやく舞台は整ったという感じだろうか。おそらくストーリー進行だけで世界観を理解させるのは無理そうな気がするので、これから行動を共にする人物か、はたまたお敵さんのどちらかが、もう少し11eyesの世界の仕組みを解説してくれる時が来そう。それまでコアの部分の秘密はお預けかな。

さて、みなさんお待ちかねのゆか[ CV:後藤麻衣 ]のパンチラですが、今回もカット数は減ったもののばっちり!これは皆勤賞狙うのか?

11eyes(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:動画工房

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11eyes(第3話)

今回は「おっ!」と思わせてくれる展開と退屈な展開の入り交じり。後半の方で[ CV:小野大輔 ]ゆか[ CV:後藤麻衣 ]が車の中に隠れるシーン。これなんかは単純なんだけど結構ハラハラしたぞ。そして天井からドーンみたいな、こういうパターンは「来るぞ!来るぞ!」と分かってるんだけど、思わずビクッとしてしまうな。

逆に退屈、というより少々辟易としたのは駆が授業中の教室で外を見つめながらボーッとしているという、お約束中のお約束の流れ。どうせ先生に当られて、そんでもって答えられなくて、クラス中が爆笑の渦みたいな流れでしょ?俺、このパターン嫌いなんだよなぁ・・、空を見上げるだけで終わったりしないかなぁ・・。なんて淡い期待はあっという間にかき消され。このパターンが何で嫌いかと言えば上手く説明できないんだけど、これってパンを咥えて遅刻遅刻と同じくらいに、「アニメではよく見るけど現実ではあり得ない」シチュエーション。どうも俺はそういう演出がイマイチ好きじゃないようだ。

さて、今回もお約束のようにパンツキャラだったゆか。これで3話皆勤だぞ。これはどこで途切れるのか楽しみだな。

11eyes(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:動画工房

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

07-GHOST 11eyes 30歳の保健体育 AKB0048 AMNESIA Angel Beats! Another Aチャンネル BLOOD-C BRAVE10 BROTHERS CONFLICT BTOOOM! B型H系 C3 CANAAN COPPELION D.C.III DARKER THAN BLACK DEVIL SURVIVOR 2 DOG DAYS Fate/Zero GA GJ部 GOSICK―ゴシック― K kiss×sis NEEDLESS No.6 PandoraHearts PSYCHO-PASS R-15 RAINBOW RDG Rio RainbowGate! ROBOTICS;NOTES STAR DRIVER STEINS;GATE TARI TARI THE IDOLM@STER TIGER&BUNNY ToLoveる true tears UN-GO Wake Up Girls! WHITE ALBUM WHITE ALBUM2 WORKING!! ZETMAN 「C」 あそびにいくヨ! あっちこっち あのはな あの夏で待ってる いちばんうしろの大魔王 いつか天魔の黒ウサギ いなり、こんこん、恋いろは。 うさぎドロップ うぽって!! うみねこのなく頃に うみものがたり えびてん えむえむっ! おおかみかくし おちんこ おとめ妖怪ざくろ おにあい おまもりひまり かなめも きんいろモザイク けいおん! けんぷファー この中に1人、妹がいる! こばと。 これはゾンビですか? さくら荘のペットな彼女 ささみさん@がんばらない ささめきこと さよなら絶望先生 さらい屋五葉 さんかれあ じょしらく そふてにっ そらのおとしもの それでも町は廻っている たまこまーけっと たまゆら だから僕は、Hができない。 ちはやふる ちゅーぶら!! つり球 とある科学の超電磁砲 とある魔術の禁書目録 となりの怪物くん にゃんこい! ぬらりひょんの孫 のだめカンタービレ はぐれ勇者の鬼畜美学 はたらく魔王さま! はなまる幼稚園 ひだまりスケッチ へうげもの まおゆう魔王勇者 ましろ色シンフォニー まよチキ! まりあ†ほりっく みつどもえ みなみけ めだかボックス もしドラ もっとTo Loveる ゆるゆり よくわかる現代魔法 よんでますよ、アゼザルさん。 れでぃ×ばと! アウトブレイク・カンパニー アクエリオンEVOL アクセル・ワールド アスタロッテのおもちゃ! アスラクライン アニメ・コミック アマガミSS アルカナ・ファミリア アルドノア・ゼロ イクシオン サーガ DT インフィニット・ストラトス ウィザード・バリスターズ ウィッチクラフトワークス エウレカセブンAO オオカミさんと七人の仲間たち カンピオーネ! カーニヴァル ガリレイドンナ ガンダムUC ガールズ&パンツァー キディ・ガーランド キューティクル探偵因幡 キルミーベイベー ギルティクラウン クイーンズブレイド クロスゲーム グイン・サーガ グラスリップ ココロコネクト ゴールデンタイム サーバント×サービス シャイニング・ハーツ シャングリ・ラ ジャイアントキリング ステラ女学院高等科C3部 ストライクウィッチーズ2 ストライク・ザ・ブラッド セイクリッドセブン セキレイ~Pure Engagement~ ゼロの使い魔 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト ソードアート・オンライン タユタマ -Kiss on my Deity- ダンガンロンパ ダンスインザヴァンパイアバンド ダンタリアンの書架 ティアーズ・トゥ・ティアラ テガミバチ デッドマン・ワンダーランド デュラララ!! デート・ア・ライブ トータル・イクリプス ドラゴンクライシス! ニセコイ ノラガミ ハイスクールDxD ハヤテのごとく!! ハヤテのごとく! バカとテストと召喚獣 バクマン。 バスカッシュ! パパのいうことを聞きなさい! ビビッドレッド・オペレーション ファイト一発!充電ちゃん!! ファントム フォトカノ フラクタル フリージング ブラック★ロックシューター ブラッドラッド プリンセスラバー! ベン・トー ペルソナ4 ポリフォニカ マギ マクロスF マケン姫っ! モーレツ宇宙海賊 ヨスガノソラ ヨルムンガンド ラストエグザイル ラブライブ! リストランテ・パラディーゾ リトルバスターズ! レベルE ロウきゅーぶ! ローゼンメイデン ワタモテ 一週間フレンズ 世界でいちばん強くなりたい! 世紀末オカルト学院 中二病でも恋がしたい! 乃木坂春香の秘密 亡念のザムド 人類は衰退しました 会長はメイド様! 伝説の勇者の伝説 侵略!イカ娘 俺たちに翼はない 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 俺ガイル 俺修羅 偽物語 僕は友達が少ない 僕らはみんな河合荘 八犬伝 刀語 初恋限定。 劇場版 勇しぶ 化物語 君と僕。 君に届け 咎狗の血 咲-Saki- 問題児たちが異世界から来るそうですよ? 四畳半神話大系 坂道のアポロン 境界の彼方 境界線上のホライゾン 変ゼミ 変態王子と笑わない猫。 夏のあらし! 夏目友人帳 夏色キセキ 夏雪ランデブー 夜桜四重奏 夢喰いメリー 大正野球娘。 好きっていいなよ。 妖狐x僕SS 妹ちょ。 学園黙示録 宇宙をかける少女 宙のまにまに 屍鬼 心霊探偵八雲 怪盗天使ツインエンジェル 恋と選挙とチョコレート 恋愛ラボ 悪魔のリドル 惡の華 戦う司書 戦国BASARA 戦国コレクション 戦国乙女 戦場のヴァルキュリア 戦姫絶唱シンフォギア 放浪息子 断裁分離のクライムエッジ 新世界より 新番組 日常 日記・コラム・つぶやき 星空へ架かる橋 最終回 未来日記 東のエデン 東京マグニチュード8.0 東京レイヴンズ 桜Trick 機動戦士ガンダムAGE 武装神姫 氷菓 海月姫 涼宮ハルヒの憂鬱 灼眼のシャナ 狼と香辛料II 琴浦さん 生徒会の一存 生徒会役員共 男子高校生の日常 異国迷路のクロワーゼ 真剣で私に恋しなさい!! 真面目アニメネタ 祝福のカンパネラ 神のみぞ知るセカイ 神様のメモ帳 神様はじめました 神様ドォルズ 絶園のテンペスト 緋弾のアリア 緋色の欠片 織田信奈の野望 翠星のガルガンティア 聖剣の刀鍛冶 聖痕のクェイサー 脳内コメ 花咲くいろは 荒川アンダー ザ ブリッジ 蒼き鋼のアルペジオ 蒼天航路 薄桜鬼 裏切りは僕の名前を知っている 謎の彼女X 貧乏神が! 輪るピングドラム 輪廻のラグランジェ 迷い猫オーバーラン! 逆境無頼カイジ 這いよれ!ニャル子さん 進撃の巨人 銀の匙 鋼殻のレギオス 閃乱カグラ 閃光のナイトレイド 電波女と青春男 青い花 青の祓魔師 革命機ヴァルヴレイヴ 魔乳秘剣帖 魔法少女まどか☆マギカ 魔法戦争 魔法科高校の劣等生 黄昏乙女×アムネジア 黒執事Ⅱ 黒子のバスケ 黒神 The Animation 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金