ストライクウィッチーズ2

ストライクウィッチーズ2(最終話:第12話)

▼最終話
最後は芳佳[ CV:福圓美里 ]が501隊を引っ張り、ネウロイを撃退し、そして坂本[ CV:世戸さおり ]を救出して見せた。物語としては文句なしの大団円。個人的には今回の第2期、少々内容には物足りなさを感じてます。最後の最後まで、ネウロイとの戦いに終始していて、キャラクターの成長とか内面という所まで描ききれていたのか疑問は残る。

とは言え11人ものメンバーを抱える物語ですから、誰かにフィーチャーすれば残りのキャラの影が薄くなる。人気作品であるが故の難しい選択を迫られるところ。原作があるので何とも言えないけれど、このアニメ2期に関して言えば、全てのキャラクターにスポットライトを少しずつ当て、最後はメインである芳佳と坂本の2人を舞台の中心に据える。そういう構成を選択したってことなんだろう。面白さという意味では、各キャラクター毎のエピソードでそれなりにあったと思う。じゃあ作品を通した面白さって何?って聞かれると、残念ながらそれはストーリーやキャラクターとは言えないと俺は思う。

「パンツ的衣装で登場する」「魔法を使うとネコミミとシッポが生える」、というかなり狙った設定で話題を呼び込むことに成功した1期のストライクウィッチーズ。どうもその成功体験から抜け出せないまま、2期のアニメを作ってしまったんだろうなという印象がぬぐえない。厳しい言葉で言えば、中身が極めて薄い全12話でした。

▼伝えたいことは分かるけれど
ネウロイという強大な的に向かっていく少女たち。時には隊の中でのいざこざもあれば、隊を越えて友情が芽生えることもある。そんな女の子達のピュアで健気に頑張る様子は、確かに「頑張れ!」と応援はしたくなる。とは言え、残念ながらそれも途中まで。なぜなら結局どのキャラクターのエピソードでも、ほぼ同じパターンなんだよね。最後は仲良くなってお友達。ピンチは精神論で乗り越える。キャラクターがウリの作品ということは間違えないと思うし、誰もが認めるところだと思う。だからと言って、この体たらくはいかがなもんだろうか?これを「面白い!」と言ってしまったら、それこそアニメを金儲けの道具としか思ってない人の思うツボだろう。

▼グレードアップした戦闘シーン
ストーリーの物足りなさとは正反対と言うべきだろうか。映像面での迫力はかなりのレベルだ。特にネウロイとの空中戦のシーン。2DCGの従来からのアニメーションを敢えて選択せず、映像的な違和感もかなり少なくなってきた3DCGを選択。これが正解だった。これによってカメラが360度自由に動き回れるようになり、ズームやパン、チルトというアングルの選択も制約がなくなった。巨大なネウロイにウイッチが戦いを挑むその緊迫感とスピード感。ロボット物の戦闘シーンとは違うその軽快さは、今までのアニメでは無かった面白さ。作品中に過度に入れ込まず適度に入れてくるそのバランス感覚も良かった。

▼EDも一つの見せ場
毎回歌い手の変わるED。Over Sky。俺はこの曲、かなりのお気に入りです。12話の全員バージョンも予想通り。もう少ししっかり聞きたかったけれど、EDのセリフに被っていたり、2番がインスト版になってしまったりで、聞きたい人はCDをどうぞということか。しかしそのEDが詰まったCD、9月29日の発売から10月20日の発売に延びてるんですが・・・。レコーディングも終わってるはずだし、最終話から間髪入れずに発売するつもりで最初から企画していたと思うんだけど。ブックレットの印刷ミスとか、何かをやらかした可能性が高い。

ストライクウィッチーズ2(@TOKYO MX) / アニメーション制作:AICスピリッツ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ストライクウィッチーズ2(第11話)

ここのところ様子がおかしかった坂本[ CV:世戸さおり ]。その理由は魔力の急激な減少というわけか。坂本にとってネウロイとの戦いこそが、自分の生きる理由。ネウロイとの最後の決戦を前にしてその力を失うと言うことは、坂本にとっては今までの人生を全て否定されるのと同じくらい、ダメージが大きいんじゃないだろうか。

そんな坂本の事実を知ってしまった芳佳[ CV:福圓美里 ]。となれば、果たして最後となるはずの今回の任務に集中できるのか?という点だったんだけれど・・・。大和ネウロイ化までは、幸いにして501部隊が大きく苦戦することなく任務を無事遂行。俺の心配もとりあえずは杞憂に終わった。

それにしても、相変わらず戦闘シーンのクオリティは高い。ビジュアル的なクオリティはもちろんのこと、これまでのストーリーで積み重ねてきた人間関係のドラマが反映された華麗なコンビネーション。こういう演出面も含めて、ストライクウィッチーズの戦いがいよいよ終盤にさしかかってきたという盛り上がりを否応なしに感じさせる。

頭のお堅い制服組の皆さんが考えた大和突貫作戦はどうやら失敗に終わりそう。となれば、ここはやっぱりうっちの出番!次回最終話、ビシッと美しく締めてくれるでしょう。

ストライクウィッチーズ2(@TOKYO MX) / アニメーション制作:AICスピリッツ

| | コメント (0) | トラックバック (3)

ストライクウィッチーズ2(第10話)

颯爽と(ステキなアングルで)登場したマルセイユ[ CV:伊藤静 ]。そして何故かマルセイユの目の敵にされているハルトマン[ CV:野川さくら ]。実に好対照なこの二人。常に好戦的?とも思えるくらい自分を主張するマルセイユと、ホントにやる気あんのか?と疑いたくなるほど無気力に見えるハルトマン。

とは言えこの二人、結局は似たもの同士なんだな。ハルトマンも自分のことはさておき、自分が大切に思っている人をバカにするような言動は絶対に許せない。"ネウロイ殲滅作戦"もそこそこに、マルセイユとの派手な空中戦!相変わらすこの空中戦の迫力はさすがだ。絶妙にパンツ・・・じゃなくてズボンの、しかも股間にお尻と重要なパーツをクローズアップするアングル。これまたさすがだ(笑)。

引き分けに終わったとは言え、最後は自分からサインを渡さずに去っていくマルセイユの負けず嫌いな性格。マルセイユとの再会で奇跡的に部屋の片付けを始めたものの、あっさりと飽きるハルトマン。最後はやっぱり元に戻った二人だったけど、単にいがみ合うだけの存在ではなくて、お互いがお互いを高め合うことが出来るということを理解できたんじゃないだろうか。

さて、今回の"Over Sky"はハルトマン&マルセイユです。ゲストキャラがボーカル参加ってこともあるのか。いよいよ29日の発売が近づいてきた。この曲はかなり気に入ってるで全バージョン楽しみだ。最終話は全員バージョンになるのかな?

ストライクウィッチーズ2(@TOKYO MX) / アニメーション制作:AICスピリッツ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストライクウィッチーズ2(第9話)

唐突に水着です!とは言えそこはストライクウィッチーズ。水着は基本的にサービスカットになりません。むしろ初っぱなからペリーヌ[ CV:沢城みゆき ]の四つん這いバックショット!こっちの方が相当にエロ・・いや、パンツじゃないんだったな、パンツじゃ。一時、そのパンツじゃないはずのズボンにまで光源処理が入ってましたが、気がつくとそれも入らなくなり。どこかで大人たちが葛藤しているようです。

今回はそんな(どんな?)ペリーヌのお話。人に感謝されるとどうしていいか分からなくなるくらいに"ツン"なくせに、人一倍、誰かのために頑張ってしまうペリーヌ。まさに走り出したら一直線。いつもならストッパーになるはずの坂本[ CV:世戸さおり ]もワインにやられてミーナ[ CV:田中理恵 ]にディープキスして逃走(笑)。それでも、子供たちのために必死になるペリーヌの姿は、芳佳[ CV:福圓美里 ]たちの良い刺激になったに違いない。

ルッキーニ[ CV:斎藤千和 ]が「ダイオウイカ」とか「ダイオウナマコ(?)」とかフラグ立てるもんだから、てっきり洞窟の奥でペリーヌが触手でヌメヌメ、なまこでヌメヌメな前振りかと思ったのに・・・。

ストライクウィッチーズ2(@TOKYO MX) / アニメーション制作:AICスピリッツ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストライクウィッチーズ2(第8話)

芳佳[ CV:福圓美里 ]に訪れた突然のスランプ。坂本[ CV:世戸さおり ]の言葉を必要以上に意識ししすぎているのか?とは言え、コレばかりは心の問題。コレといった特効薬があるわけでもなく、芳佳本人が乗り越えなきゃいけないハードル。それを越えた先には、また一回り大きくなった芳佳が待ってるぞ。

芳佳を影ながら応援し始めたあたりで、「ん!?」という少々の違和感。ちょうど芳佳とリネット[ CV:名塚佳織 ]が大和の救援に向かって基地を飛び立った時だ。制作陣の絶妙な演出と言うべきか、芳佳のストライカーユニットの状態が、なんかこう意図的にパワーを絞られているように見えた。同じレシプロエンジンのクルマで言えば、リミッターに当たって燃料カットが入っているか、リストリクターで吸気量をカットされてるようだった。

そのイメージはドンピシャだった。あれだけ苦しんでた芳佳が、新しいストライカーユニットを手に入れたことで、見違えるような動き。それでも今回の芳佳の経験は、改めて自分が戦っていることの意味と守りたい物を、強く強く心に刻むきっかけになったはず。芳佳にとっては、人間的に一回り大きくなれたことには違いない。

ストライクウィッチーズ2(@TOKYO MX) / アニメーション制作:AICスピリッツ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストライクウィッチーズ2(第7話)

OPからサーニャ[ CV:門脇舞以 ]のバックショット!最近の演出に乗っ取ればどこからとも無く鋭い逆光が差してきても不思議ではないけれど、今回はそれも無く、やる気を感じます。ちなみにキャラ人気投票でNo.1はこのサーニャらしいです。やっぱり黒タイツ直履きという素敵なお衣装がポイントでしょうか。

今回は基地内でウイッチが戯れる息抜きのストーリーだと思っていたので、ネウロイには出番が無いと思っていたのに。そしてミーナ[ CV:田中理恵 ]坂本[ CV:世戸さおり ]の200匹目についての何気ない雑談。単なる休息の1コマだと思っていたら、これがまさか伏線だったとは。

そのミーナの活躍により、200匹目を撃墜(?)したわけですが、結局あの虫型ネウロイが何故パンツ・・・じゃなくてズボンの中に潜りこんで来たのかは曖昧のままなんですけど。お風呂で乳繰りあったあげく、基地内ではパンツを脱がせまくるという素敵なウイッチの日常を提供してくれたということで、良しとしますか。個人的には相変わらず強がってるクセに、しっかりと巻き込まれているペリーヌ[ CV:沢城みゆき ]が素敵でした。

ストライクウィッチーズ2(@TOKYO MX) / アニメーション制作:AICスピリッツ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストライクウィッチーズ2(第6話)

芳佳[ CV:福圓美里 ]にヤキモチと対抗心むき出しのエイラ[ CV:大橋歩夕 ]。なんとも子供っぽさ全開なんだけど、これが"ストライクウィッチーズ"の最大の見せ場。まだまだ心も体も成長途上の女の子たちが、精神的にタフな状況に置かれている。

その点、芳佳は結構大人。サイトはエイラとサーニャ[ CV:門脇舞以 ]をネウロイの核に送り届けた。国際線の飛行機が普通飛ぶ高度が1万メートルよりちょっと上ってことらしいから、魔法があるとは言え3万メートルに生身の人間が上がるなんて、尋常じゃない状況。その中でサーニャとエイラのギクシャクした関係までも修復してしまう。

11人の仲良しお友達ストーリーでは、なかなかこういう面白さは描けないよね。芳佳はもちろん、基本的にみんな自分の気持ちに素直な女の子ばっかりだから、時にはぶつかったりする。それでも一つの目標、ここではネウロイ撃退に向けて一つになれる。そしてわだかまりも自然と消えていく。今回はストライクウィッチーズらしい物語でした。

絵的には、カメラが引いた絵で積極的にウイッチたちにも3DCGを使用。3DCGを手がけるのは、グラフィニカです。Webサイトの説明によると、旧GONZOのデジタル部門をキューテックグループに移管したCG・VFXスタジオとのこと。おぉ、こんなところでGONZOに繋がったぞ。まだ少々の違和感はどうしても残るけれど、普通に見られるレベルにはなってきた。

ストライクウィッチーズ2(@TOKYO MX) / アニメーション制作:AICスピリッツ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストライクウィッチーズ2(第5話)

シャーリー[ CV:小清水亜美 ]との素敵なドライブで街へお買い物に。確実にリネット[ CV:名塚佳織 ]は分かってて辞退。そしてルッキーニ[ CV:斎藤千和 ]は分かってて大喜び。どうやら芳佳[ CV:福圓美里 ]だけが分かってなかった模様。

それにしても普段はウイッチ隊以外の人があまり出てこない作品だから、街というシチュエーション自体がかなり新鮮。やっぱり街の人も"パンツじゃないから恥ずかしくない"のかと思ったけど、意外とみんな隠してるじゃん(笑)。なにやら高貴な雰囲気がバレバレのマリア[ CV:米澤円 ]も雰囲気は普通のワンピース。時々見えてたのはもちろんパンツじゃありません。

芳佳もマリアもローマの街並みに感激していたけれど、流石にあの書き込みは凄い。適当にごまかす方法はいくらでもあるはずなのに、あそこまで緻密に街並みが書き込んであると、思わず見入ってしまう。特にルッキーニがマリアに見せた上空からの風景は、例えローマという街を実際に知らなくても、すげ~と思うような絵だ。ネウロイとの戦闘シーンで、眼下に街があるっていうも意外と新鮮。

ストライクウィッチーズ2(@TOKYO MX) / アニメーション制作:AICスピリッツ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストライクウィッチーズ2(第4話)

シャーロットことシャーリー[ CV:小清水亜美 ]、そしてバルクホルン[ CV:園崎未恵 ]。ケンカするほど仲が良いとはよく言うもので。お互いの文句を言ったり、くだらないことで張り合ったりしてますが、そこはやっぱり501航空団。なんだかんだで信頼関係という大きなベースがあってのもの。

その二人が今回はレシプロエンジンの従来型ストライカーと、ジェットエンジンを装備した新しいストライカーユニットを装備しての意地の張り合い。今思えば、ジェットストライカーを装着したときにルッキーニ[ CV:斎藤千和 ]が感じたビリビリが正解だったのかも。要はスピードもパワーもあるけど、燃費も悪いって事で、まだまだ実戦には不向き。空中を縦横無尽に飛び回るあのレシプロユニットの音が聞けなくなるのも、ちょっと寂しいしね。

今回はそのストライカーユニットに焦点が合っていたこともあって、相変わらず迫力のある空中戦の描写。カメラがシャーリーやバルクホルンの視点に固定されて無いから、自由自在に動き回ってる様子がよく分かるし、ちょっだけ後ろの視点にカメラが置いてあって、飛行中のシャーリーたちが少しブレてる感じもリアルで良い。相変わらず映像は満点に近いクオリティ。作画監督にテロップされる人数が多い所を見ると、キャラ毎・シーン毎に担当を分けてるのかも。

ストライクウィッチーズ2(@TOKYO MX) / アニメーション制作:AICスピリッツ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストライクウィッチーズ2(第3話)

芳佳[ CV:福圓美里 ]リネット[ CV:名塚佳織 ]、そしてペリーヌ[ CV:沢城みゆき ]の秘密の特訓!こう書くとそこはかとなくエロい雰囲気が漂いますが、ホントに微妙にエロい特訓だったので仕方がない(笑)。1期のときはあんまりこういう指向のストーリーは無かった気がするけど、2期になってサービス精神が旺盛になったんだろうか。

とは言え、ほうきの特訓のおかげで3人のチームワークは抜群に回復。やっぱりネウロイとの空中戦は、この作品の見所の1つ。今回はウイッチが3人だけだったし、ネウロイも大きい割にはそれほどしぶとくなかったので、戦闘シーンとしては大人しい感じ。それでもカメラワークが上手いのでスピード感はあるし、リネットのストライカーユニットも片方が損傷したように決して楽勝だったわけではない。この絶妙なバランスがストライクウィッチーズの面白さだな、やっぱり。

さて、3話のEDはこの3人バージョン。EDは1期に続いて11人のいろいろな組み合わせのバージョンが存在しているようで、CDのリリースは9月29日予定だそうです。EDもなかなか良い曲なだけに、ちょっと遅いよな~。ネタバレしたくない組み合わせのEDがあるってことなんだろうけど、どうせならオリジナルバージョンを1つ決めちゃって、そのシングルだけでも先に出してくれれば良いのに。

ストライクウィッチーズ2(@TOKYO MX) / アニメーション制作:AICスピリッツ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

07-GHOST 11eyes 30歳の保健体育 AKB0048 AMNESIA Angel Beats! Another Aチャンネル BLOOD-C BRAVE10 BROTHERS CONFLICT BTOOOM! B型H系 C3 CANAAN COPPELION D.C.III DARKER THAN BLACK DEVIL SURVIVOR 2 DOG DAYS Fate/Zero GA GJ部 GOSICK―ゴシック― K kiss×sis NEEDLESS No.6 PandoraHearts PSYCHO-PASS R-15 RAINBOW RDG Rio RainbowGate! ROBOTICS;NOTES STAR DRIVER STEINS;GATE TARI TARI THE IDOLM@STER TIGER&BUNNY ToLoveる true tears UN-GO Wake Up Girls! WHITE ALBUM WHITE ALBUM2 WORKING!! ZETMAN 「C」 あそびにいくヨ! あっちこっち あのはな あの夏で待ってる いちばんうしろの大魔王 いつか天魔の黒ウサギ いなり、こんこん、恋いろは。 うさぎドロップ うぽって!! うみねこのなく頃に うみものがたり えびてん えむえむっ! おおかみかくし おちんこ おとめ妖怪ざくろ おにあい おまもりひまり かなめも きんいろモザイク けいおん! けんぷファー この中に1人、妹がいる! こばと。 これはゾンビですか? さくら荘のペットな彼女 ささみさん@がんばらない ささめきこと さよなら絶望先生 さらい屋五葉 さんかれあ じょしらく そふてにっ そらのおとしもの それでも町は廻っている たまこまーけっと たまゆら だから僕は、Hができない。 ちはやふる ちゅーぶら!! つり球 とある科学の超電磁砲 とある魔術の禁書目録 となりの怪物くん にゃんこい! ぬらりひょんの孫 のだめカンタービレ はぐれ勇者の鬼畜美学 はたらく魔王さま! はなまる幼稚園 ひだまりスケッチ へうげもの まおゆう魔王勇者 ましろ色シンフォニー まよチキ! まりあ†ほりっく みつどもえ みなみけ めだかボックス もしドラ もっとTo Loveる ゆるゆり よくわかる現代魔法 よんでますよ、アゼザルさん。 れでぃ×ばと! アウトブレイク・カンパニー アクエリオンEVOL アクセル・ワールド アスタロッテのおもちゃ! アスラクライン アニメ・コミック アマガミSS アルカナ・ファミリア アルドノア・ゼロ イクシオン サーガ DT インフィニット・ストラトス ウィザード・バリスターズ ウィッチクラフトワークス エウレカセブンAO オオカミさんと七人の仲間たち カンピオーネ! カーニヴァル ガリレイドンナ ガンダムUC ガールズ&パンツァー キディ・ガーランド キューティクル探偵因幡 キルミーベイベー ギルティクラウン クイーンズブレイド クロスゲーム グイン・サーガ グラスリップ ココロコネクト ゴールデンタイム サーバント×サービス シャイニング・ハーツ シャングリ・ラ ジャイアントキリング ステラ女学院高等科C3部 ストライクウィッチーズ2 ストライク・ザ・ブラッド セイクリッドセブン セキレイ~Pure Engagement~ ゼロの使い魔 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト ソードアート・オンライン タユタマ -Kiss on my Deity- ダンガンロンパ ダンスインザヴァンパイアバンド ダンタリアンの書架 ティアーズ・トゥ・ティアラ テガミバチ デッドマン・ワンダーランド デュラララ!! デート・ア・ライブ トータル・イクリプス ドラゴンクライシス! ニセコイ ノラガミ ハイスクールDxD ハヤテのごとく!! ハヤテのごとく! バカとテストと召喚獣 バクマン。 バスカッシュ! パパのいうことを聞きなさい! ビビッドレッド・オペレーション ファイト一発!充電ちゃん!! ファントム フォトカノ フラクタル フリージング ブラック★ロックシューター ブラッドラッド プリンセスラバー! ベン・トー ペルソナ4 ポリフォニカ マギ マクロスF マケン姫っ! モーレツ宇宙海賊 ヨスガノソラ ヨルムンガンド ラストエグザイル ラブライブ! リストランテ・パラディーゾ リトルバスターズ! レベルE ロウきゅーぶ! ローゼンメイデン ワタモテ 一週間フレンズ 世界でいちばん強くなりたい! 世紀末オカルト学院 中二病でも恋がしたい! 乃木坂春香の秘密 亡念のザムド 人類は衰退しました 会長はメイド様! 伝説の勇者の伝説 侵略!イカ娘 俺たちに翼はない 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 俺ガイル 俺修羅 偽物語 僕は友達が少ない 僕らはみんな河合荘 八犬伝 刀語 初恋限定。 劇場版 勇しぶ 化物語 君と僕。 君に届け 咎狗の血 咲-Saki- 問題児たちが異世界から来るそうですよ? 四畳半神話大系 坂道のアポロン 境界の彼方 境界線上のホライゾン 変ゼミ 変態王子と笑わない猫。 夏のあらし! 夏目友人帳 夏色キセキ 夏雪ランデブー 夜桜四重奏 夢喰いメリー 大正野球娘。 好きっていいなよ。 妖狐x僕SS 妹ちょ。 学園黙示録 宇宙をかける少女 宙のまにまに 屍鬼 心霊探偵八雲 怪盗天使ツインエンジェル 恋と選挙とチョコレート 恋愛ラボ 悪魔のリドル 惡の華 戦う司書 戦国BASARA 戦国コレクション 戦国乙女 戦場のヴァルキュリア 戦姫絶唱シンフォギア 放浪息子 断裁分離のクライムエッジ 新世界より 新番組 日常 日記・コラム・つぶやき 星空へ架かる橋 最終回 未来日記 東のエデン 東京マグニチュード8.0 東京レイヴンズ 桜Trick 機動戦士ガンダムAGE 武装神姫 氷菓 海月姫 涼宮ハルヒの憂鬱 灼眼のシャナ 狼と香辛料II 琴浦さん 生徒会の一存 生徒会役員共 男子高校生の日常 異国迷路のクロワーゼ 真剣で私に恋しなさい!! 真面目アニメネタ 祝福のカンパネラ 神のみぞ知るセカイ 神様のメモ帳 神様はじめました 神様ドォルズ 絶園のテンペスト 緋弾のアリア 緋色の欠片 織田信奈の野望 翠星のガルガンティア 聖剣の刀鍛冶 聖痕のクェイサー 脳内コメ 花咲くいろは 荒川アンダー ザ ブリッジ 蒼き鋼のアルペジオ 蒼天航路 薄桜鬼 裏切りは僕の名前を知っている 謎の彼女X 貧乏神が! 輪るピングドラム 輪廻のラグランジェ 迷い猫オーバーラン! 逆境無頼カイジ 這いよれ!ニャル子さん 進撃の巨人 銀の匙 鋼殻のレギオス 閃乱カグラ 閃光のナイトレイド 電波女と青春男 青い花 青の祓魔師 革命機ヴァルヴレイヴ 魔乳秘剣帖 魔法少女まどか☆マギカ 魔法戦争 魔法科高校の劣等生 黄昏乙女×アムネジア 黒執事Ⅱ 黒子のバスケ 黒神 The Animation 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金