« 感想ダイジェスト:第103回(マリみて、スレイヤーズ) | トップページ | WHITE ALBUM(第8話) »

感想ダイジェスト:第104回(インデックス、みなみけ)

とある魔術の禁書目録(第20話)、みなみけ おかえり(第8話)の感想です。

▼とある魔術の禁書目録(第20話)
当麻(CV:阿部敦)はアバンと次回予告のみの登場です。インデックス(CV:井口裕香)に至ってはまったく登場しません。それでもストーリーが進むし、面白いのがこの作品のすごいところだと改めて感じさせられた。あれだけ人間性のかけらも感じさせない描き方をされていたアクセラレータ(CV:岡本信彦)が瀕死の重傷を負いながらもラストオーダー(CV:日高里菜)を助ける。展開としては予想できたけど、天井(CV:鈴木達央)の銃がアクセラレータの頭に向かって発射された瞬間、そしてアクセラレータの被弾、反射。この一連のシーンは息をのんだ。今回からエンディングがIKUの新曲に。この曲、作詞・作曲もIKUで編曲のみ高瀬一矢が担当。歌だけじゃなくて作曲でもIKUのレベル高いな。
とある魔術の禁書目録(@TVK:アナログ) / アニメーション制作:J.C.STAFF
▼みなみけ おかえり(第8話)
いや、そうですよね。それだけ派手に振れば浴びますよね。というわけで、今回は千秋(CV:茅原実里)が派手に「ハンター まったりクレープ(注:飲み物です)」を浴びたところで大爆笑です。しかも誰もその中身については直接触れずに「炭酸」「炭酸」と抽象的に言い続けるところがまた面白い。誰かあの中身について突っ込んでくれよ。もう一つは久々の冬馬(CV:水樹奈々)ネタです。みなみけには次々といろいろな人物が訪れるので、3期から入った俺にはどこまでが今までの常識なのかやや分かりづらい。一方で初めてみた人物でも何の違和感もなく溶け込んでいて、そして十分に笑えるわけで、今回もアツコ(CV:小野涼子)と冬馬の絡みは最高でした。
みなみけ おかえり(@テレビ東京:デジタル) / アニメーション制作:アスリード

|

« 感想ダイジェスト:第103回(マリみて、スレイヤーズ) | トップページ | WHITE ALBUM(第8話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 感想ダイジェスト:第104回(インデックス、みなみけ):

« 感想ダイジェスト:第103回(マリみて、スレイヤーズ) | トップページ | WHITE ALBUM(第8話) »