« 鉄のラインバレル(最終話) | トップページ | 感想ダイジェスト:第143回(地獄少女、バーディー) »

WHITE ALBUM(第12話)

最大の見せ場は楽屋で理奈[ CV:水樹奈々 ]由綺[ CV:平野綾 ]の手紙を読み上げるシーン。アニメでありながら動きは理奈にズームするのみ。背景のハーモニクス処理によって一層クローズアップされる理奈の姿。そして水樹奈々の演技。「静」の演出ほどアニメで難しい表現はない。それゆえに効果的にそれを使いこなせる作品は非常に限られてくる。

手紙の朗読が始まる。スーッと理奈に引きこまれていく。まるで冬弥[ CV:前野智昭 ]に別れを告げるかのような内容。そして最後まで冬弥への想いで満ちた内容。時間にして数分だったこのシーン、それ以上に時間が長く長く感じられた。リアルな人の表現にこだわっていると思えるこの作品だからこそ、このシーンは成立しえたんだろう。表現のクオリティという意味でも今回は質が高い。

そしてアニメオリジナルの設定であるライバルユニット、「桜団」を擁するMMミュージックの女専務。そしてその娘がマナ[ CV:戸松遙 ]。単なる家庭教師先の女の子、という設定だけだった原作に比べると設定の作りこみのうまさを感じる。登場する人物が比較的狭い範囲に限定されるこの作品においては、その範囲で複雑に人間関係が交錯すればするほど、ストーリーの厚みも増してくる。

そしてついに来てしまった由綺のコンサート当日。もはや冬弥の行動は俺には理解も推測も不可能な域に達している。原作からも外れた展開なのでこれから何が起こるのかは全く想像がつかない。

WHITE ALBUM(@TVK:アナログ) / アニメーション制作:セブン・アークス

|

« 鉄のラインバレル(最終話) | トップページ | 感想ダイジェスト:第143回(地獄少女、バーディー) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WHITE ALBUM(第12話):

» WHITE ALBUM 第十二頁「縛ること。欺くこと。奪うこと。与える... [MAGI☆の日記]
WHITEALBUMの第12話を見ました。WHITEALBUM DVDvol.1WHITEALBUM BDvol.1第十二頁 縛ること。欺くこと。奪うこと。与えること。どれより辛いのが、待つこと十二月十六日(火)理奈は冬弥をご飯に誘うのだが、弥生と約束があると言われてしまい、密かに2人きりで会っている...... [続きを読む]

受信: 2009年3月23日 (月) 21時59分

» WHITE ALBUM 第12話 [White wing]
縛ること。欺くこと。奪うこと。与えること。どれより辛いのが、待つこと 理奈はギリギリまで冬弥とのデートを諦めずに頑張ったが、冬弥の心は変わらず、その夜の冬弥は自室まで弥生さんを連れ込み、そうなっちゃうのねえ。... [続きを読む]

受信: 2009年3月23日 (月) 23時14分

» WHITE ALBAM 第十二頁 『縛ること。欺くこと。奪うこと。与えること。どれより辛いのが、待つこと』 [アマデウスの錯乱?]
WHITE ALBAM 第十二頁 『縛ること。欺くこと。奪うこと。与えること。どれより辛いのが、待つこと』 [続きを読む]

受信: 2009年3月24日 (火) 21時26分

» (アニメ感想) WHITE ALBUM 第12話 「縛ること。欺くこと。奪うこと。与えること。どれより辛いのが、待つこと」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
WHITE ALBUM VOL.1 [Blu-ray]クチコミを見る 由綺のクリスマスコンサートが近づいてきましたが、恋愛模様のほうもドロドロしてまいりましたよ・・・。弥生という思わぬ伏兵の参戦によって、由綺と理奈はどうする!? ... [続きを読む]

受信: 2009年3月26日 (木) 07時19分

» WHITEALBUM 第十二頁 感想 [物書きチャリダー日記]
「縛ること。欺くこと。奪うこと。与えること。どれより辛いのが、待つこと」TVアニメ「WHITEALBUM」キャラクターソング2緒方理奈早速感想。冬弥の迷走っぷりがすさまじい。弥生との関係を危惧する理奈。デートに誘うも、弥生さんの先約があると・・・。アイドルとしゃべ...... [続きを読む]

受信: 2009年3月28日 (土) 23時28分

« 鉄のラインバレル(最終話) | トップページ | 感想ダイジェスト:第143回(地獄少女、バーディー) »