« 夏のあらし!(第3話) | トップページ | 戦場のヴァルキュリア(第3話) »

咲-Saki-(第3話)

今回は珍しく勝負どころで楽しめた。[ CV:植田佳奈 ]がイーピンを暗カンした時は「もしかして!?キューピン?」と今思えば根拠が良く分からないキューピンツモ予想が見事に的中。嶺上開花の流れだったからそこは別にキューピンじゃなくても良いんだけど。これまた深夜に疲れた頭で見ていた弊害だろうか・・。それでも咲が優希[ CV:釘宮理恵 ]にわざと振りこんだ対局では、初めて手牌が画面上に。全国大会を目指すトーナメントがいよいよ始まりそうなので、麻雀勝負を楽しめるのはどうやらこのトーナメントからになりそう。そして麻雀雑誌に載っていたのは咲の姉だったようです。これは確実に姉との対戦フラグってことですね。

咲-Saki-(@テレビ東京:デジタル) / アニメーション制作:GONZO

|

« 夏のあらし!(第3話) | トップページ | 戦場のヴァルキュリア(第3話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 咲-Saki-(第3話):

» (アニメ感想) 咲 -Saki- 第3話 「対立」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
咲-Saki- 1 初回限定版 [DVD]クチコミを見る みんなで麻雀打っていた和は、咲の打ち回しに違和感を感じる。その疑問が確信に変わったとき、和の感情がついに爆発してしまう。一方そのころ、久とまこは高校生麻雀大会・県予選の抽選会場に足を踏み入れていた。 ... [続きを読む]

受信: 2009年4月25日 (土) 19時22分

« 夏のあらし!(第3話) | トップページ | 戦場のヴァルキュリア(第3話) »