« 神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS(第4話) | トップページ | PandoraHearts(第1話) »

けいおん!(第1話)

090428

全国1億2千万の「反サイドカット同盟」のみなさま、お待たせしました。BS-TBSでもけいおん!放送開始です。この作品が放送開始当初から極めて評判が良いのはもちろん分かっていて、OPとEDのCDもバカ売れでオリコンのウイークリー1位も見える勢い。今期どころか今年最大のヒット作となる可能性を大いに感じる。となるとどうしてもあら探しをしたくなってしまうのが人情。少々イジワルな意気込みで1話を見ました。

結果から言ってしまうと「こりゃねーわ」ってくらいに反則です。相当面白いです。既に地上波では4話まで放送が終わっているので今更BS組が内容について語る必要もないだろうけど、一応言わせて。[ CV:豊崎愛生 ]のキャラクターはもはや突っ込んでくれ!と言わんばかりのナイスな設定。アッという間に軽音部入部まで進むテンポの良すぎるストーリー。EDで納得、脚本は吉田礼子氏。そりゃクオリティ高いわけだ。

何より音楽に対するこだわりがありながら、決してマニアックで門戸の狭いストーリーになっていないところが凄い。洋楽が好きな人、昔バンド組んでた!っていうおっさん、高校入学したての学生。どの年代性別にも、そして音楽知識ゼロな人にもおそらく通用する内容。それでいて演奏シーンの作画や楽器の描写、そして何より楽器と人間の大きさのリアル感。このあたりは京アニならではの絵と設定へのこだわりを感じます。やはり京アニはアニメーション制作に専念させた方が良いな。(ムントって何?)

ヒカルの碁で囲碁が流行ったように、けいおん!をきっかけに一部の人の間でバンドブームが起きるんでしょうか。ニコ動の「演奏してみた」カテゴリがさらに活況となることは確実。この作品のすばらしさについては否定する要素が全くないと言って良い。とにかく明るくて楽しいです。

た・だ・し!地上波の相変わらずのサイドカット。そしてBS-TBSでのSDダウンコンバート後の再アップコンバートによる劣悪な画質。TBSのアニメに対する放送姿勢には全く持って賛同することが出来ない。結局制作サイドからすると、こうすることでDVDやBDがよりたくさん売れると思っているんだろうか。いつまでこの視聴者をバカにした放送局でこういう良作がアニメ化され続けてしまうんだろう。TBS、マジで何とかならないんですか。

けいおん!(@BS-TBS) / アニメーション制作:京都アニメーション

|

« 神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS(第4話) | トップページ | PandoraHearts(第1話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/44827358

この記事へのトラックバック一覧です: けいおん!(第1話):

« 神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS(第4話) | トップページ | PandoraHearts(第1話) »