« 戦場のヴァルキュリア(第2話) | トップページ | アスラクライン(第2話) »

宇宙をかける少女(第15話)

前回に引き続きストーリーが中だるみしている気配。前半に「これでもか」というくらい予想を超えたネタに近い展開を持ってきたせいか、強烈だったレオパルド[ CV: ]をはじめとするキャラクターのインパクトが薄れてしまったせいか、決して平坦な流れではないはずなのにイマイチ盛り上がらない。序盤は確かに秋葉[ CV:MAKO ]がストーリーの中心だったんだけど、ここにきてどこにストーリーの中心がどこに行ってしまったのか良く分からない状態。もう少し登場人物、特に秋葉の深い掘り下げが俺は欲しかったかな。その部分はもう終わったという位置づけだと思うけど。今後の展開の中心は、テラアブダクションの真実とネルヴァル[ CV:玄田哲章 ]のたくらみが明らかになったので、アレイダ[ CV:中原麻衣 ]=神楽の行動の意味と秋葉と神楽の関係に移ってくるんでしょうか。どうもこの部分が盛り上がってない気がするんだけど。ネタ展開中心の前半からストーリー中心の後半に上手く引き継ぎ出来てない感じ。

宇宙をかける少女(@テレビ東京:デジタル) / アニメーション制作:サンライズ

|

« 戦場のヴァルキュリア(第2話) | トップページ | アスラクライン(第2話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙をかける少女(第15話):

« 戦場のヴァルキュリア(第2話) | トップページ | アスラクライン(第2話) »