« 07-GHOST(第4話) | トップページ | アスラクライン(第4話) »

宇宙をかける少女(第17話)

[ CV:斎藤桃子 ]のマフラー、まさか生き物だとは思わなかった。しかもその設定をこんなところまで引っ張るとは。そのマフラーことゆぴたん[ CV:市来光弘 ]の妙案がレオパルド[ CV:福山潤 ]を救うのか?と思いきや、結論だけ見るとベンケイ[ CV:内田直哉 ]が根性出して頑張った結果みんなが助かるという何とも素敵な方向に。ゆぴたんの登場は秋葉[ CV:MAKO ]を始め、全ての人に驚きだけを与えて再び眠りにつくという壮大な出オチだった気がする。

その後たどり着いたプロキシマの冠。着くなりほのか[ CV:牧野由依 ]が口にした「えにぐま」は、14話で神楽[ CV:中原麻衣 ]が何かメモのような物を残していたあの喫茶店。ついにつながるのか?と思いきや、喫茶えにぐまはどうやら既に無くなっている気配。誰かが移動させたんでしょうか?あのリクエストボードに貼られたメモの中身は謎のまま。カークウッドには無事帰還できたようだけど、引き続きストーリーはいい具合に盛り上がってます。

今回は次回予告も良かった。ほのかの「さよならジュピター。なして?」は木星の大気を詰めた缶詰の影響というオチのようです。最後の「なして?」は間違えなくヘリウムを吸った状態の声に対してだよね?まさか牧野由依がホントにヘリウム吸ったわけじゃないよな。

宇宙をかける少女(@テレビ東京:デジタル) / アニメーション制作:サンライズ

|

« 07-GHOST(第4話) | トップページ | アスラクライン(第4話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙をかける少女(第17話):

« 07-GHOST(第4話) | トップページ | アスラクライン(第4話) »