« ティアーズ・トゥ・ティアラ(第2話) | トップページ | 07-GHOST(第2話) »

蒼天航路(第2話)

1話では「歴史モノな上に三国志かぁ」と完全に期待せずに見たんだけど、意外にこの2話は面白かった。ストーリーもすんなり理解できたし、水晶[ CV:桑島法子 ]という女性の存在が大きかったのかもしれない。男女の恋愛という普遍的な物がストーリーの中心にあることで、歴史、史実という俺が楽しむには少々ハードルの高い要素が相対的に低くなる。それもここまでかもしれないけど。正直、歴史モノだとここまでの登場人物レベルで俺の中ではオーバーフローが近づいている。これ以上たくさんの国と人が登場するとなると、完全に溢れるな。

蒼天航路(@日本テレビ:デジタル) / アニメーション制作:マッドハウス

|

« ティアーズ・トゥ・ティアラ(第2話) | トップページ | 07-GHOST(第2話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蒼天航路(第2話):

» (アニメ感想) 蒼天航路 第2話 「アモーレ」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
蒼天航路 (5) (講談社漫画文庫)クチコミを見る 爆裂団を手下に従えて洛陽に戻った曹操は、盗賊狩りを繰り返す日々。その洛陽では、曹操の祖父・曹騰の引退後、中常侍の最高位に就いた張譲が、絶大な力を振るっていた。政府の高官を夢見る袁紹は、曹操に爆裂団と手を切るよ...... [続きを読む]

受信: 2009年4月18日 (土) 01時36分

« ティアーズ・トゥ・ティアラ(第2話) | トップページ | 07-GHOST(第2話) »