« GUIN SAGA - グイン・サーガ(第2話) | トップページ | 咲-Saki-(第2話) »

夏のあらし!(第2話)

あらし[ CV:白石涼子 ]は単にタイムリープ可能というだけでなく、幽霊ってことなんですか!?これはびっくりしました。時代設定はどうやら現代ということで、あらしが生きた時代はどうも80年代ではなくもっと昔のような気配です。1話は世界観に引き込むためのコメディ展開だったけど、2話はそれよりも前の本来なら1話と言って良い内容。この順番入れ替えのおかげで、あらしが幽霊という設定の驚きと新鮮さがより大きくなったと思う。上手い構成だな。そして2話は笑いの要素よりも、ドラマチックでどこか物悲しい雰囲気を漂わせるあらしの神秘的な姿が印象的。暑苦しいはずの主人公[ CV:三瓶由布子 ]もあまり暑苦しい感じがしない。笑いとリアルのどちらに振ってもグッと見ている側を引きずりこむようなストーリーは見事です。

夏のあらし!(@テレビ東京:デジタル) / アニメーション制作:SHAFT

|

« GUIN SAGA - グイン・サーガ(第2話) | トップページ | 咲-Saki-(第2話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏のあらし!(第2話):

« GUIN SAGA - グイン・サーガ(第2話) | トップページ | 咲-Saki-(第2話) »