« タユタマ -Kiss on my Deity-(第3話) | トップページ | シャングリ・ラ(第3話) »

亡念のザムド(第2話)

衝撃の展開から2話、その勢いを失うことなく今回も怒濤のストーリー展開が押し寄せてくる。冒頭で思わせぶりに登場したナキアミ[ CV:三瓶由布子 ]をはじめとしたザンバニ号の面々。前回はアキユキ[ CV:阿部敦 ]を中心とした尖端島の人々が中心に進み、そして今回はそのナキアミを中心として謎が少しずつ明かされていく。

たくさんの登場人物が一度に出てくる作品ってどうしても頭にストーリーが入ってこないか、人物の関係が頭に入ってこないかのどちらかになってしまうことが多い。どっちかを楽しもうとするともう片方が意識から外れてしまう。そんな中、このザムドは人物の世界観も、とにかく大量の情報量が画面からも音声からも入ってくるのに、何故かスッと頭に入ってくる。アキユキが取り込まれた?ザムドという存在やこの作品の世界観など、まだまだ謎が多い中でこれだけ楽しめるんだから、この先も期待しない方が無理。相変わらず映像クオリティも超絶です。

亡念のザムド(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:BONES

|

« タユタマ -Kiss on my Deity-(第3話) | トップページ | シャングリ・ラ(第3話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 亡念のザムド(第2話):

« タユタマ -Kiss on my Deity-(第3話) | トップページ | シャングリ・ラ(第3話) »