« アスラクライン(第4話) | トップページ | 亡念のザムド(第3話) »

蒼天航路(第4話)

3話ではまだ半信半疑だったけど、4話で確信したぞ。これは間違えなく面白いな。相変わらず丁寧な背景説明と曹操[ CV:宮野真守 ]の強烈なキャラクター。これでもか!というくらいに頭の悪そうな皇帝[ CV:佐々木望 ]を目の前にしながらも、今はまだその時ではないと潔く引き下がる。アニメーションならではの誇張表現やセリフの言い回しもあるけれど、それも含めてワクワク感が押し寄せてくる感じ。「三国志」という伝記を意識することなく作品として、曹操という人物の生き方を強烈に描く。三国志の内容をほぼ知らないだけに、今後も一層楽しみ。

蒼天航路(@日本テレビ:デジタル) / アニメーション制作:マッドハウス

|

« アスラクライン(第4話) | トップページ | 亡念のザムド(第3話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蒼天航路(第4話):

« アスラクライン(第4話) | トップページ | 亡念のザムド(第3話) »