« ファントム(第3話) | トップページ | 東のエデン(第2話) »

明日のよいち!(最終話)

▼ラブコメ王道
登場人物からストーリーの構成まで、全編通してこれこそまさにラブコメです。最終的には誰がと誰かがくっつくこともなく、だけどハッピーエンドでみんな幸せ。ストーリーのテンポも良くて、見てて飽きないし、与一[ CV:岡本信彦 ]のエロ行動、いぶき[ CV:佐藤利奈 ]キレる、そしてあやめ[ CV:戸松遙 ]のツンデレと、「くるぞ!くるぞ!きたー!」と言いたくなるほどのお約束展開。ラブコメの見本のような展開だった。

▼キャラを1人決める
この手の作品は自分の好きなキャラクターを1人決めて、そのキャラと主人公がくっついてくれないか応援しながら見るのが楽しい。今回俺が選んだのはあやめ[ CV:戸松遙 ]です。もはやツンデレという言葉も珍しくも何ともない中で、あやめに関しては久々に登場した正当派ツンデレでしょう。そこまでお約束のように真っ赤にならなくても、と言いたくなるほどのテレッぷり。自分に自信を持てずに卑屈になってしまうあたりは妙にリアルだったりするし、そんなあやめが微笑ましかった。

▼TBS制作に画質を望むな
TBSお馴染みのサイドカットクオリティということで、BS-TBSではサイドカットは無いものの相当に悲惨な画質。そもそも解像度が他のBSデジタル局より低いBS-TBSなので、「放送局でのアプコン」+「テレビ側のアップスキャン」の二重のコンバートが入り、テレビに映し出される時には凄まじい状態に。作画クオリティに関しては「並」だったものの、そもそものキャラクターデザインをもう少しスマートにして、必要以上に胸を強調するような過剰演出を避けてくれた方が俺は好みです。

▼無邪気に楽しむ
原作は未読ですが、この内容とこのキャラクターを考えると少なくとも一般向けの作品ではないことは確か。時代劇の勧善懲悪ストーリーと同じく、ラブコメとしてのセオリーをお約束として楽しめる人にはこの上ない良作だったと思う。逆に言えば、ストーリーや人間性の描写などの深さを求めるとこの作品にはちょっと辛いよね。単純に深く考えずに、無邪気に楽しむことが出来る人にはかなり楽しい作品になったと思う。

明日のよいち!(@BS-TBS) / アニメーション制作:AIC

|

« ファントム(第3話) | トップページ | 東のエデン(第2話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明日のよいち!(最終話):

« ファントム(第3話) | トップページ | 東のエデン(第2話) »