« 鋼殻のレギオス(第13話) | トップページ | クロスゲーム(第2話) »

神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS(第2話)

2話目にして既にこれでもか!というくらいに落ち目の主人公フォロン[ CV:神谷浩史 ]。何もここまでいじめなくてもな~と思うくらいにどん底です。そういえば前作ではコーティカルテ[ CV:戸松遙 ]のことは「コーティ」って呼んでたような気がする。となると、この二人の間にはまだまだ大きな溝があるということのようだ。「何で譜面どおりに弾いてるのにダメなの!?」みたいな分かりやすいところで悩むフォロンなので、今後のフォロンの立ち直りシナリオは容易に想像できるところです。しかしフォロンの弾いている神曲のどこがダメなのか?という演出は非常に難しいところだろう。今回、フォロンが授業で披露していた神曲は俺の好みの曲ではないものの、聴いている人がクスクス笑ったり雑談していたりするのはさすがに違和感がある。レンバルト[ CV:小西克幸 ]の演奏は確かにノリノリだったけど、普通に聞いている限りはどうにも差が分かりにくい。聴衆の反応という演出効果でしか表現できないとなると、今後もこの点は少々苦しいんじゃないだろうか。音楽がテーマだけに頑張ってほしいところだ。

神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS(@テレ玉:アナログ) / アニメーション制作:ディオメディア

|

« 鋼殻のレギオス(第13話) | トップページ | クロスゲーム(第2話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS(第2話):

« 鋼殻のレギオス(第13話) | トップページ | クロスゲーム(第2話) »