« 初恋限定。(第2話) | トップページ | クロスゲーム(第3話) »

神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS(第3話)

神曲を弾くということの意味。必要なこと。それをようやくフォロン[ CV:神谷浩史 ]が理解し、そして自分に自信を取り戻すことができた。コーティ[ CV:戸松遙 ]もそんなフォロンの元へ戻ってきた。あまりに普通で予想どおりすぎる展開な上に、こんなに早くフォロンが立ち直るとは。もうちょっとフォロンがグズってる時間が続くのか?と思っていただけにここまであっさりとは。それでもフォロンが神曲を演奏してコーティが姿を見せたシーンはなかなか良かったです。音楽という面でも、お約束展開に引きつける効果の一役を担っていたのは間違えない。確かに前回演奏していた曲よりも今回の曲の方が全然良い。

神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS(@テレ玉:アナログ) / アニメーション制作:ディオメディア

|

« 初恋限定。(第2話) | トップページ | クロスゲーム(第3話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS(第3話):

« 初恋限定。(第2話) | トップページ | クロスゲーム(第3話) »