« 蒼天航路(第8話) | トップページ | 亡念のザムド(第7話) »

タユタマ -Kiss on my Deity-(第8話)

髪の毛下ろしてるアメリ[ CV:下田麻美 ]もなかなか可愛いな。そんなアメリがどん底まで落ちていく。確かに自分の気持ちを素直に表現できないアメリにも問題はあるけど、今まで何年もかけて築いてきた二人の関係に突如割って入ってきたましろ[ CV:力丸乃りこ ]にご執心な裕理[ CV:日野聡 ]に強く当たる気持ちは、痛いほど伝わってくる。最後に部屋で泣き崩れる姿はあまりにもかわいそうだ。裕理の視点から見ると、エロゲ原作の主人公にしては珍しくヒロインみんなに八方美人なモテモテ君というわけではない。アメリやゆみな[ CV:水橋かおり ]との関係、それに対してましろとの関係としっかり区別しているように見える。

それでも裕理はましろを恋愛対象として本気で好き!というわけでもないようで、明確に自分の中で意志を持っているわけではなさそう。そんなお約束な一面も見せつつ、親しかった関係が、日常が崩れていくむなしさがだんだんと迫ってくる。ストーリーの組み立てやキャラクターの作り方については、相変わらず良くできてると思う。

タユタマ -Kiss on my Deity-(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:SILVER LINK.

|

« 蒼天航路(第8話) | トップページ | 亡念のザムド(第7話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タユタマ -Kiss on my Deity-(第8話):

« 蒼天航路(第8話) | トップページ | 亡念のザムド(第7話) »