« 蒼天航路(第4話) | トップページ | シャングリ・ラ(第4話) »

亡念のザムド(第3話)

ここまで自分の置かれた状況を理解しない主人公というのも久々に見た気がする。さすがに「ヒトガタ」に襲われたあとは少し大人しくなってはいたけど。未だ謎の多いナキアミ[ CV:三瓶由布子 ]の存在も含めて、ジブリ臭を感じるのは俺だけではないはず。絵の雰囲気や人情味あふれるザンバニ号の面々には明らかにそれだ。悪い意味では無く、ね。こういう設定はジブリの特権ってわけじゃないし、それを十分に消化する、そして昇華するだけのポテンシャルをこの作品のストーリーには感じる。

毎回触れてるけど、今回も作画は気合い入りまくり。ザンバニ号の船内の設定も間取り含めて凄く綿密に作り込んだ様子がよく分かる。これが26話まで続くのかと思うと、いやはや恐れ入る。最近BONSEの名前がTVアニメで出てこないと思っていたけど、PS3向けにこんな力作を仕込んでいたとは。

亡念のザムド(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:BONSE

|

« 蒼天航路(第4話) | トップページ | シャングリ・ラ(第4話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 亡念のザムド(第3話):

« 蒼天航路(第4話) | トップページ | シャングリ・ラ(第4話) »