« シャングリ・ラ(第4話) | トップページ | タユタマ -Kiss on my Deity-(第4話) »

クイーンズブレイド(第4話)

今回はクローデット[ CV:田中敦子 ]レイナ[ CV:川澄綾子 ]という二人にストーリーの焦点が当たっていて、それなりに中身もあったんじゃないでしょうか。1話や2話のようなおっぱいアニメ状態は少しずつ脱している気がする。クローデットとレイナの戦いで何故かお互い来ている服がボロボロになるというお約束の展開は付いてましたが。何もそこまであざとくやらなくてもな~と思ってしまうが、それをなくしてしまうとこの作品は存在意義がなくなってしまうのか。

さて、3話のエントリーに書いたとおりこの作品はBlu-rayだと16:9、テレビ放送では4:3ということでいわゆるサイドカットでの放送。TBSほどは露骨にサイドカット前提に映像を作っていないようで、目と鼻だけの異様な顔アップシーンが多数あるなど、映像として違和感を感じるシーンが時々出てくる。映像のクオリティを求める作品じゃないと思っているから許容範囲ではあるけど。業界としての収益構造がパッケージ販売に偏っている以上、「パッケージを売るための無料放送」にならざるを得ないという点については少なからず共感するところもある。難しい問題だ。とは言えせめて有料放送のAT-Xではサイドカット無くても良いんじゃないの?どうせSD画質なんだし。

クイーンズブレイド(@AT-X) / アニメーション制作:アームス

|

« シャングリ・ラ(第4話) | トップページ | タユタマ -Kiss on my Deity-(第4話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クイーンズブレイド(第4話):

« シャングリ・ラ(第4話) | トップページ | タユタマ -Kiss on my Deity-(第4話) »