« 亡念のザムド(第5話) | トップページ | リストランテ・パラディーゾ(第5話) »

シャングリ・ラ(第6話)

ブーメランはまた作ったのかな?それにしても今回も國子[ CV:高橋美佳子 ]は小学生にしか見えないな。今回は炭素市場がこのシャングリ・ラの世界でいかに重要なポジションを確立しているのか?という事を印象づける展開だった。そして単なるサブキャラとしか思っていなかった国仁[ CV:石井真 ]の存在。アトラスレベルなる階級を確認できないなど、ストーリー上、重要な人物になる可能性が高そう。美邦[ CV:有賀由衣 ]と何か繋がりがあるのは確実なようです。

一方でメタル・エイジとアトラス公社の対立構図については単なる「反政府活動」というレベルの描写に収まってしまっている。ストーリーの中心は國子と国仁、そして美邦の3人になりそうだな。あとはここに香凛[ CV:井口裕香 ]がどう絡むか。まだストーリーがバラバラに進んでいる感じなので、どうまとまってくるのか。

シャングリ・ラ(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:GONZO

|

« 亡念のザムド(第5話) | トップページ | リストランテ・パラディーゾ(第5話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シャングリ・ラ(第6話):

« 亡念のザムド(第5話) | トップページ | リストランテ・パラディーゾ(第5話) »