« 戦国BASARA(第6話) | トップページ | 鋼殻のレギオス(第17話) »

バスカッシュ!(第6話)

6話の主役はビアンキとケイトの二人でした。二人っていう数え方で良いのか?もちろんはるか[ CV:大原さやか ]の胸のことなわけですが、ジェームス[ CV:浜田賢二 ]が勝手に付けた名前かと思いきや、本人もお気に入りの様子。もしかしてはるかから言いだした名前ってことは無いだろうな。ここまでネタとして徹底されると、あの月面バストにはもはやエロの要素が全くない。ここまで潔くネタとして扱ってくれると、この作品のお約束として今後も楽しめそうだ。

そして6話でダン[ CV:下野紘 ]が「バスカッシュ」と名付けたストリートバスケはジェームスの策略によりSBCになってしまった。といってもダンやアイスマン[ CV:中村悠一 ]が長い物にまかれるストーリーになるとはとても思えない。「月に行ける」という餌に釣られて参加したわけですが、その月のお姫様であるフローラ[ CV:釘宮理恵 ]ココ[ CV:花澤香菜 ]にレクチャーを受けてこちらも合格。ダンと対峙することになるのか?それともダンに協力するのか?ダンのバスカッシュにひかれてここまで来たフローラ。月に連れ戻されそうな雰囲気もあるが、これからのストーリー展開の中心になることは間違えなさそうだ。

バスカッシュ!(@TBS:デジタル) / アニメーション制作:サテライト

|

« 戦国BASARA(第6話) | トップページ | 鋼殻のレギオス(第17話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バスカッシュ!(第6話):

» (アニメ感想) バスカッシュ! 第6話 「セイント・ハズ・カム」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
バスカッシュ shoot.1 [Blu-ray]クチコミを見る ☆<5/09更新>アニメ「ブラック・ラグーン」の特集をポッドキャストにて収録! 今秋、第三期の放送が決定していますブラック・ラグーンの魅力について紹介。主に「双子編」、「日本編」について詳しく語っております。ブ....... [続きを読む]

受信: 2009年5月12日 (火) 13時40分

» バスカッシュ! 第6話『セイント・ハズ・カム』 [風庫~カゼクラ~]
陰謀とか裏がありそうななさそうな(笑) 下野さん、中村さん、谷山さんが揃うと「おお振り」を思い出しちゃいますね~。 そして浜田さんはどこかしらいつもオカシナ役が多いやも。 ちなみに今回は球体フェチの天才元BFBプレイヤーでございました。 月面バストすら彼にかかれ..... [続きを読む]

受信: 2009年5月13日 (水) 00時24分

« 戦国BASARA(第6話) | トップページ | 鋼殻のレギオス(第17話) »