« 黒神 The Animation(第17話) | トップページ | 戦国BASARA(第6話) »

ファントム(第6話)

6話の印象的なシーンはアイン[ CV:高垣彩陽 ]がシャワーから出てきたときのツヴァイ[ CV:入野自由 ]の反応。これまではアインが女の子であるということを意識する面も見られたツヴァイだけど、今回はマッパのアインに対して全く臆することなく普通に会話。人を殺すという仕事への違和感は少しだけまだ残っているようだけど、アインを人間としてみる、自分を一人の人間としてとらえる「心」の部分がほとんど消えてしまった。

そして回を重ねる毎に不気味度アップのサイス=マスター[ CV:千葉一伸 ]。今のところインフェルノという組織に属してはいるものの、明らかにその枠にこだわる感じではない。アインとツヴァイはサイス=マスターに育てられているわけで、こいつがおかしな動きをするとなると、確実に巻き込まれることになる。段々と存在感を増していくのが気味が悪い。

さて、今回は動画にP.A.WORKSが復帰しました。引き続きMSJ武蔵野も杭州飛龍も入っているので全体的なクオリティという意味では「?」というシーンも一部あったけど、総じてクオリティアップしたんじゃないでしょうか。

ファントム(@テレビ東京:デジタル) / アニメーション制作:BEE TRAIN

|

« 黒神 The Animation(第17話) | トップページ | 戦国BASARA(第6話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ファントム(第6話):

» (アニメ感想) Phantom〜Requiem for the Phantom〜 第6話 「大火」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
ファントム(3)lt;初回限定版gt; [DVD]クチコミを見る ☆<5/09更新>アニメ「ブラック・ラグーン」の特集をポッドキャストにて収録! 今秋、第三期の放送が決定していますブラック・ラグーンの魅力について紹介。主に「双子編」、「日本編」について詳しく語っ...... [続きを読む]

受信: 2009年5月12日 (火) 17時59分

« 黒神 The Animation(第17話) | トップページ | 戦国BASARA(第6話) »