« クイーンズブレイド(第6話) | トップページ | 咲-Saki-(第6話) »

夏のあらし!(第6話)

後半の空襲シーンでは画面に吸い込まれました。制作スタッフに太平洋戦争の空襲を経験した人はおそらくいないと思うし、もちろん俺も実際の空襲がどうだったかは分からない。それでも、今回の[ CV:小早川千明 ]の視点から描かれた空襲の恐ろしさ。逃げ場のない恐怖と襲ってくる炎。CGによるリアルな炎ではなく、抽象的な表現も交えての今回の演出は実に秀逸だった。決してリアルさだけが臨場感を生むわけではないということを改めて感じたし、この作品に関わるスタッフのレベルの高さに感服しました。

そんな空襲に遭遇することになってしまったのはカヤ[ CV:名塚佳織 ]と潤が通じてしまったからなわけで、カヤには潤が女の子だということがバレた。なぜ潤が男のフリをしているのか、という理由の片りんもなんとなく見えた気がする。過去に何らかの傷を持っているのだろうか。どうも恋愛に対する女の子の一般的な行動が潤には嫌悪の対象になるようだ。そして自分もその同類であるというのに耐えられないんだろうか。それでもカヤと店長[ CV:竹若拓磨 ]を叱咤する純のそれは女の子だからこそできたことだと思う。一方で今回は[ CV:三瓶由布子 ]は妙に男らしく頼もしかったりもした。

今回は1話があっという間に終わってしまったように感じた。それでいて濃い内容だった。

夏のあらし!(@テレビ東京:デジタル) / アニメーション制作:SHAFT

|

« クイーンズブレイド(第6話) | トップページ | 咲-Saki-(第6話) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏のあらし!(第6話):

» (アニメ感想) 夏のあらし! 第6話 「恋におちて」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
夏のあらし!VOL.1【初回限定版】 [DVD]クチコミを見る 女性を冷めた目で見つめ、常に一定の距離を置いて接している潤。触れられることを嫌がった潤に対し、カヤは「男のくせに情けない」と無理矢理その手を握り、自分の方へ引き寄せる。次の瞬間、繋いだ手から閃光が走り....... [続きを読む]

受信: 2009年5月13日 (水) 20時16分

» 夏のあらし! 第6話『恋におちて』 [風庫~カゼクラ~]
いじらしくて切なくて怖い話だった夏のあらし! 特別ED(かな?)な「ひと夏の経験」が似合う回でしたね~。 女子パワー色んな意味で大炸裂!!みたいな。 そして遂に… まいっちんぐマチコ先生、キター! あれ?これってそんな壮大かつ感動的な話だったけか(爆) キラリ..... [続きを読む]

受信: 2009年5月13日 (水) 22時47分

» 夏のあらし! 第06話「恋におちて」感想 [物書きチャリダー日記]
昨日あたりから急に暑くなった・・・。【送料無料選択可!】夏のあらし!第一巻[CD付限定盤]/アニメ早速感想。前回あやふやで終わったじゅん君の秘密はあっさりと解明。でもそこは今回の内容的にはメインでなくて。シャフト描写がここまでマッチするとは・・・。空爆の描...... [続きを読む]

受信: 2009年5月14日 (木) 00時50分

« クイーンズブレイド(第6話) | トップページ | 咲-Saki-(第6話) »