« ティアーズ・トゥ・ティアラ(第7話) | トップページ | 宇宙をかける少女(第20話) »

戦場のヴァルキュリア(第7話)

6話のエントリーで「次回はラルゴ[ CV:乃村健次 ]のストーリーか?」と予想したものの、次回予告での登場だけで実際はラルゴのストーリーではなく、キャラクターとしてはイサラ[ CV:桑島法子 ]ラマール[ CV:成瀬誠 ]の二人が主役でした。

7話に入ってようやくストーリーは核に少し近づいた気配。ウィキペディアをネタばれしないように少し見たりしたので、一部のまだ明らかになっていない設定についても頭に入っている。そして今回、改めてウェルキン[ CV:千葉進歩 ]ファルディオ[ CV:櫻井孝宏 ]の口から出てきた「ヴァルキュリア人」の存在。おそらくというか、ほぼ間違えなくアリシア[ CV:井上麻里奈 ]が関係あるでしょう。孤児院育ちのアリシアの両親については全く持って謎の存在ですが、アリシアの家系にヴァルキュリア人の血が入っていることはほぼ確実と思われる。「けがの直りが異常に早い」という設定については、2話の戦闘シーンでさりげなく描かれてますが、アニメだけ見ててもなかなか気付かない。(そして公式サイトのファルディオ→アリシアの感情が「パンツ」になってるのもなかなか気づかないw)

それにしても正規軍の連中は相当に頭が悪い。そして当てつけのように義勇軍をバリアス砂漠に派遣したはずなのに、まさかの大発見という顛末。このままだど面目丸つぶれのダモン[ CV:塩谷浩三 ]が暴走してもおかしくない。本来は同じ仲間のはずだけど、どうにも正規軍と義勇軍が一致団結する気配は無い。そこにきて帝国軍のマクシミリアン[ CV:福山潤 ]登場。組織の対立構図も複雑になってきて、ようやくストーリーが表に出てきたかな。

その代わりアリシアの素敵な表情集は今回は小休止です。残念。それにしても恋愛への疎さは天下一品だな、アリシア。あと何故に神殿にハンス[ CV:池田千草 ]を連れてってるんだ?何か重要な伏線・・・なわけないか、さすがに。

戦場のヴァルキュリア(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:A-1 Pictures

|

« ティアーズ・トゥ・ティアラ(第7話) | トップページ | 宇宙をかける少女(第20話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦場のヴァルキュリア(第7話):

» 戦場のヴァルキュリア 第七章『ダルクスの災厄』 [風庫~カゼクラ~]
敵を前にして逃げ出したヤツでも地位が上だと問われないのね。 ダメだ…はやくダモンを何とかしないと 勝てる戦にも負ける気がするぜ~。 戦場のヴァルキュリア 1 [DVD]千葉進歩, 井上麻里奈, 山本靖貴ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2009-08-05by G-Tools ... [続きを読む]

受信: 2009年5月20日 (水) 00時16分

» 戦場のヴァルキュリア 第7話「ダルクスの災厄」 [明善的な見方]
ツンデレ坊やの本命はいかにwww [続きを読む]

受信: 2009年5月23日 (土) 21時37分

« ティアーズ・トゥ・ティアラ(第7話) | トップページ | 宇宙をかける少女(第20話) »