« 鋼殻のレギオス(第19話) | トップページ | 涼宮ハルヒの憂鬱(第8話:笹の葉ラプソディ) »

ファントム(第8話)

ストーリーが大きく動いた。アイン[ CV:高垣彩陽 ]ツヴァイ[ CV:入野自由 ]の関係は非常に危うかった。アインとツヴァイが殺し合うというシーンも予感させた。それでも、ツヴァイの存在は徐々にアインの心を解いていたんじゃないだろうか。サイス[ CV:千葉一伸 ]に組みするわけでもなく、マッキェネン[ CV:久川綾 ]の元へ戻るわけでもなく、二人で「人」として生きる道を選んだ。

まぁ正確にはまだアインは意識がもうろうとしているようなので、もしかしたら意識を取り戻した後に玲二を責めるのかもしれないな。それでも、おそらくサイスの元へ戻ることは無いだろう。人として扱われることを心の底では求めていたに違いないから。それをしてくれるのは今や玲二だけ。ここからは二人が人間としての存在を取り戻すための多くの苦難が待っているに違いない。

ファントム(@テレビ東京:デジタル) / アニメーション制作:BEE TRAIN

|

« 鋼殻のレギオス(第19話) | トップページ | 涼宮ハルヒの憂鬱(第8話:笹の葉ラプソディ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ファントム(第8話):

« 鋼殻のレギオス(第19話) | トップページ | 涼宮ハルヒの憂鬱(第8話:笹の葉ラプソディ) »