« 東のエデン(第8話) | トップページ | 黒神 The Animation(第20話) »

ファントム(第9話)

名前についてはエンドテロップが変わらない限りはこのままで。8話の感想の予想はひとまずハズレた。まだまだアイン[ CV:高垣彩陽 ]の心は解けていなかった。サイス[ CV:千葉一伸 ]の命令に従うことこそがアインの全てであって、ツヴァイ[ CV:入野自由 ]の言葉が届くことはないんだろうか。

思うにアインにとっては過去を持っているツヴァイに対して、少なからず嫉妬と自虐の思いがあったんじゃないだろうか。そんな意地とも言えるアインの心は、例えパスポートを破って捨ててもまだツヴァイに対して開くことはなかった。今回から徐々にアインが人間の心を取り戻してくるのか?という期待があっただけに、ちょっと残念な展開に。次回予告を見ていると、恐れていたアインとツヴァイが殺し合う展開の気配も。

ファントム(@テレビ東京:デジタル) / アニメーション制作:BEE TRAIN

|

« 東のエデン(第8話) | トップページ | 黒神 The Animation(第20話) »

コメント

>残念な展開
と、いうかですね。

名前を拠り所に新たなアイデンティティを確立しかかっていたのに
サイスに捕まって、洗脳で再教育受けちゃったんでしょうね。
サイスはアインの痛みを気力でカバーできていない様をみて
「完璧な人形」ではない、再調整が必要だと判断したのでしょう。ベッドの上で寝転んでいるアインは、既にエレンではないです。

投稿: リュウセイ | 2009年6月 1日 (月) 00時26分

コメントありがとうございます。

この作品の見所は「アインの自我」だと思ってます。おっしゃるとおり、サイスに与えられた名前と任務が今のアインの全てなんでしょう。アインの視点でストーリーが進まないので、アインの深層心理をいろいろと想像を巡らせながら見るのが実に面白い展開になってきてると思ってます。

投稿: dr.ume | 2009年6月 1日 (月) 22時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ファントム(第9話):

« 東のエデン(第8話) | トップページ | 黒神 The Animation(第20話) »