« クロスゲーム(第7話) | トップページ | GUIN SAGA - グイン・サーガ(第7話) »

神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS(第7話)

「嘆きの異邦人」なるテロ組織の顕在化とコーティ[ CV:戸松遙 ]の反応。どうやらコーティの過去の契約者と嘆きの異邦人は少なからず関係があるな。プリネ[ CV:佐藤利奈 ]ペルセ[ CV:水樹奈々 ]が巻き込まれた事件に直接関係あるかどうかは分からないけど、「紅の殲滅姫」という呼び名に思いつめた表情をしていたことを考えれば、テロ行為に加担していたことは事実だろう。次回予告によれば、コーティが恐れているのはその事実によってフォロン[ CV:神谷浩史 ]に嫌われてしまうこと。フォロンの性格を考えればそんなことは決してないと思うけどな。むしろ、契約に縛られてテロへの加担を余儀なくされたコーティに同情しそうだ。コーティの性格を考えると同情されるとむしろ怒りそうな気もするけど。

そんな気難しいコーティながら、今回はフォロンと手をつないでちょっと喜んでみたり、無理やり散歩と称するデートに誘ってみたり。かと思えばフォロンにキツいダメ出しをしてみたりと、気分屋全開。コーティのキャラクター性と戸松遥の声のマッチングは凄い物があるな。そして、お子様な面がありつつも厳しさも見せるコーティに翻弄されながらも、フォロンは大分成長してきたような気がする。神曲のレベルはまだ褒められたものではないようだけど、講師から指摘された「コーティへの信頼」も、今回の過去の出来事が片付けば前に進むだろう。

神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS(@テレ玉:アナログ) / アニメーション制作:ディオメディア

|

« クロスゲーム(第7話) | トップページ | GUIN SAGA - グイン・サーガ(第7話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS(第7話):

« クロスゲーム(第7話) | トップページ | GUIN SAGA - グイン・サーガ(第7話) »