« クロスゲーム(第8話) | トップページ | けいおん!(第5話) »

神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS(第8話)

クチバ・カオルとの契約、嘆きの異邦人でのテロ行為。コーティ[ CV:戸松遙 ]の隠していた過去が明らかになったけど、今のフォロン[ CV:神谷浩史 ]なら、そんな事でコーティへの信頼が揺らぐわけはないよね。そう、分かってはいても涙を流して不安をうち明けるコーティの姿からはいつもの生意気なチビッコの面影はなく。このシーンは作画も演技も非常に気合いが入っていました。

それにしても今回の事件で意外なほど活躍したのがミゼルドリッド[ CV:野中藍 ]です。個人的にはミゼルの方がチビッコの称号にふさわしいと思ってますが(笑)。ある意味やられキャラと思いきや、コーティの人形を物質化してコーティとフォロンを逃がしたりと大活躍!しかもそのコーティ人形の目が「><」になってるという気の利かせよう。こういうキャラ、好きです。

ちなみにストーリー自体は「おい!そこで終わりかよ!」という肝心なところで終わってしまいました。コーティは一時的とは言え、チビッコから脱しています。それでもEDのコーティには羽が8枚あるように見えるので、ここからもう1段階あるのかな?

神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS(@テレ玉:アナログ) / アニメーション制作:ディオメディア

|

« クロスゲーム(第8話) | トップページ | けいおん!(第5話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS(第8話):

« クロスゲーム(第8話) | トップページ | けいおん!(第5話) »