« 07-GHOST(第11話) | トップページ | 蒼天航路(第11話) »

タユタマ -Kiss on my Deity-(第11話)

はっきり言って裕理[ CV:日野聡 ]応龍[ CV:岸尾だいすけ ]の戦いとかはどうでも良いです。Bパートでのましろ[ CV:力丸乃りこ ]アメリ[ CV:下田麻美 ]の本音のぶつかり合い。この戦いこそが11話の見所。

今のところエロゲ的に言えばましろシナリオで終わる可能性が高いと思う。この作品の場合はヒロインであるましろの登場インパクトが大きいから、それ以外のキャラクターとのハッピーエンドシナリオをアニメのストーリーとしてメインに据えるのはやっぱり難しいだろう。そんなお約束をどこまでアメリがうち破ってくれるのか?どこまで自分の本音をさらけ出せるのか?結果として、自分の本音をさらけ出しつつ裕理の気持ち=ましろが好きを自分の口から出すことで、事実上のギブアップ宣言。

どっちつかずのまま、中途半端に終わる可能性もまだ残されてはいるものの、俺としてはもう少しアメリも幸せになれる、つまり裕理との距離を縮められる展開が良かったかなぁ・・。完全に個人の趣味ですが。

タユタマ -Kiss on my Deity-(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:SILVER LINK.

|

« 07-GHOST(第11話) | トップページ | 蒼天航路(第11話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タユタマ -Kiss on my Deity-(第11話):

« 07-GHOST(第11話) | トップページ | 蒼天航路(第11話) »