« シャングリ・ラ(第11話) | トップページ | ファントム(第12話) »

リストランテ・パラディーゾ(第10話)

ニコレッタ[ CV:折笠富美子 ]の視点から言えば、大人の余裕と重ねた齢の意味を見せつけられた、という所でしょうか。実際にニコレッタが見ていたわけではないけど、もしこの様子をニコレッタが見たら、まだまだ自分はかなわないと思ったに違いない。

1つ目はクラウディオ[ CV:山野井仁 ]ガブリエッラ[ CV:渡辺美佐 ]。この二人の関係は俺にもよく分からない。離婚したからには、もう少しギスギスした関係になっても良さそうなのに、ものすごく成熟した関係に見える。おそらく結婚生活でもこの二人の関係はこんな感じだったんじゃないんだろうか。

そしてもちろんルチアーノ[ CV:立川三貴 ]サヴィーナ[ CV:よのひかり ]。男と女がいてそこに恋が生まれて。おそらくニコレッタの中ではそれが自然な男女の関係と思っているんじゃないだろうか。それをひっくり返すルチアーノ。それはサヴィーナに夫がいたから?ルチアーノの中では無くなった奥さんがまだ生きている。いろいろな愛の形を理解したニコレッタでした。

リストランテ・パラディーゾ(@フジテレビ:デジタル) / アニメーション制作:david production

|

« シャングリ・ラ(第11話) | トップページ | ファントム(第12話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リストランテ・パラディーゾ(第10話):

« シャングリ・ラ(第11話) | トップページ | ファントム(第12話) »