« PandoraHearts(第8話) | トップページ | 戦国BASARA(第11話) »

バスカッシュ!(第11話)

今回のOP(no limiT)はヴィオレット[ CV:早見沙織 ]のソロバージョン。本編と関係あるのか?と思ったら、ヴィオレットの出番はワンカットのみ。これってルージュ[ CV:戸松遙 ]のソロバージョンもあるのかな?楽しみ。そんなルージュもダン[ CV:下野紘 ]に「ルージュよ!」と名前の訂正を求めるように。これはつまり、アイドルレッドじゃなくてちゃんとした名前で認識して!というアピールに違いない。近づいてるのか遠ざかってるのか分からない関係の二人ですが、これからも楽しみなことには違いない。

そしてタービン到着後、明らかに本人の過去と関係ありそうな気配を見せるセラ[ CV:伊藤静 ]。かつてのチームメイトに戦いを挑むアイスマン[ CV:中村悠一 ]、そして風を待つダン。バラバラのようで決意を新たにするチームバスカッシュの面々。なかなか良い感じにチームができあがってきてるんじゃないでしょうか。まさに決戦前夜。

そんな良いムードに水を差しまくったのが作画です。どうも今回、当初予定していた絵コンテ&作画監督からかなり急に変更になった気配が見られます。オフィシャルサイトや今月号のNewtypeでは「絵コンテ:北川正人、作画監督:山本径子」となっていますが、EDテロップでは「絵コンテ:板垣伸、作画監督:LeeJaeWon」に。絵コンテの板垣氏については1話から絵コンテを手がけているので良いとして、問題は作画監督の方でしょう。何らかのトラブルがあったのか、単なる制作サイドの都合なのか。オフィシャルサイトの修正すら間に合っていない状況を考えると、今回のスタッフ変更は何か良くない方向の出来事があったと思えてくるのだが。

バスカッシュ!(@TBS:デジタル) / アニメーション制作:サテライト

|

« PandoraHearts(第8話) | トップページ | 戦国BASARA(第11話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バスカッシュ!(第11話):

« PandoraHearts(第8話) | トップページ | 戦国BASARA(第11話) »