« リストランテ・パラディーゾ:最終話(第11話) | トップページ | シャングリ・ラ(第12話) »

亡念のザムド(第11話)

いや~、雷魚[ CV:藤原啓治 ]めちゃ強いな。アキユキ[ CV:阿部敦 ]もあんなザムドになることができるんだろうか?ヒルコと共に生きることの意味が凝縮されていた雷魚の戦いだった。

そして今まで一つの家族のようだったザンバニ号の中が急に慌ただしくなってしまった。それもそうだ、仮に家族だったとしてもいろいろな感情のぶつかりや対立があるんだから、ましてザンバニ号の中にもそれはある。溜まっていた物がヒトガタの襲撃というきっかけで一気に爆発してしまった。そんなザンバニ号のドタバタとアキユキが考えなくてはいけないヒルコとの共生。この2つが重なって見えた。

亡念のザムド(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:BONES

|

« リストランテ・パラディーゾ:最終話(第11話) | トップページ | シャングリ・ラ(第12話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 亡念のザムド(第11話):

» ◎亡念のザムド第11話「襲撃ザンバニ号」 [ぺろぺろキャンディー]
ヒトガタが襲ってくる。雷魚とアキヒトは、サンバニ号の上弦にいどう。ナキアミも出撃。ナキアミから種をもらう。それをヒトガタに埋め込むと、爆発する。ナキアミ曰く、ヒトガタを解体したみたいだ。しかし、倒したと思ったら、新手4体が現れる。雷魚はザムドになって戦...... [続きを読む]

受信: 2009年7月12日 (日) 18時43分

« リストランテ・パラディーゾ:最終話(第11話) | トップページ | シャングリ・ラ(第12話) »