« 亡念のザムド(第8話) | トップページ | リストランテ・パラディーゾ(第8話) »

シャングリ・ラ(第9話)

國子[ CV:高橋美佳子 ]美邦[ CV:有賀由衣 ]の遭遇、そしてミーコ[ CV:大塚芳忠 ]との再会か?と思わせてニアミスで終わる。そして國子の心の支えだったモモコ[ CV:中田譲治 ]までもアトラス公社に連れて行かれてしまう。空元気に頼るしかない國子の様子から、単なるオカマキャラではないモモコの存在の大きさを感じる。

そもそも、美邦は今回何のために地上に降りてきていたのか?アトラス公社を支える蛭子[ CV:金田朋子 ]の存在、メデューサ[ CV:柿原徹也 ]の不調などなど、随所に伏線を張りつつストーリーが徐々にゴールに向かって集約していく気配は確かに感じるんだけど、どうにもストーリーが複雑過ぎて理解できない。感情移入して見るポイントが見つからないほど、場面転換が早い。ここまでは原作知ってる人向けなのかなぁ。9話まで来てもこの作品の世界観に入り込めない俺がいる。

シャングリ・ラ(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:GONZO

|

« 亡念のザムド(第8話) | トップページ | リストランテ・パラディーゾ(第8話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シャングリ・ラ(第9話):

« 亡念のザムド(第8話) | トップページ | リストランテ・パラディーゾ(第8話) »