« ファントム(第11話) | トップページ | ハヤテのごとく!!(第11話) »

黒神 The Animation(第22話)

真神を倒してもドッペルライナーシステムは消えることはなく、クロ[ CV:下屋則子 ]の存在があり続ける限り、その呪いは続く。こうなると安易な自己犠牲ストーリーであれば、クロが自ら命を絶つことで呪いを消すという展開もあり得た。よく考えてストーリーが組んであるな~と思ったのは、慶太[ CV:浪川大輔 ]との間で循環しているテラ。つまりクロが命を落とせばテラの循環が止まり、慶太も命を落とすことになる。

突然夜にラーメン食べに行ったり、朝ご飯をおかわりせずに食べ終わったり。明らかな「お別れ」フラグを立てまくるクロの選択は?クロの口からその真実は語られることはなく、ナム[ CV:ゆかな ]の記す記録の形でそれが判明。クロと慶太の関係は最後まで恋人にはならなかったけど、クロの中での慶太の存在はもはやそれなしには考えられないところまで来ているようだ。それでも最後の別れの表情。決してクロを問いつめようとはしなかった慶太。二人の間の信頼関係の大きさを感じさせる。

俺としてはやりっ放しであと適当に考えて!な終わらせ方も嫌いじゃないけど、戦いの後にもう一段のエピローグを付けてくれる構成はもっと好きです。これで安易にクロと慶太が再び平和に暮らすような展開に落ち着かれると、ちょっとガッカリするけど。

黒神 The Animation(@テレビ朝日:デジタル) / アニメーション制作:サンライズ

|

« ファントム(第11話) | トップページ | ハヤテのごとく!!(第11話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒神 The Animation(第22話):

« ファントム(第11話) | トップページ | ハヤテのごとく!!(第11話) »