« アスラクライン:最終話(第13話) | トップページ | シャングリ・ラ(第13話) »

蒼天航路(第13話)

今回は12話と違ってかなり楽しめた。なにより貂蝉[ CV:朴ロ美 ]という女の存在がストーリーを非常に分かりやすいものにしてくれた。いつの時代も、どんな背景があろうとも、男と女の物語は何の前提も必要なく理解できる。そしてもう1つは董卓[ CV:大塚芳忠 ]呂布[ CV:小山力也 ]の大迫力の戦い。既に人間離れしたこの二人の戦いの圧力は凄まじいな。この二人のぶつかり合いには余計な説明は一切要らない。Aパートで貂蝉、そしてBパートで董卓と呂布という実に分かりやすいこの2つの展開。今回は存分に楽しみました。

蒼天航路(@日本テレビ:デジタル) / アニメーション制作:マッドハウス

|

« アスラクライン:最終話(第13話) | トップページ | シャングリ・ラ(第13話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蒼天航路(第13話):

» 蒼天航路 第13話「魔王対魔人」 [White wing]
強引なストーリーで急展開でした。 宮中の董卓の前で初めて舞う貂蝉は機を見て董卓に近づいて董卓の命を奪おうとするが、簡単にかわされ、逆に董卓に気に入られて妃におさまった。 [続きを読む]

受信: 2009年7月 1日 (水) 23時12分

» 蒼天航路第拾三戦。私を酷く描いた某アニメなど見るに耐えられないわ。 [休羽捫虱堂]
#「魔王対魔神」 まさかこの画竜をみせる時が来ようとはのお。 [続きを読む]

受信: 2009年7月 2日 (木) 20時34分

» ◎蒼天航路第十三話「魔王対魔神」 [ぺろぺろキャンディー]
トウタク、高句麗、南蛮はもちろんのこと、最終的にローマまで侵略するつもりだった。すげーな。トウタクは、皇帝のリュウキョウさんに声をかける。そして、踊り子飽きたから殺すというと、チョウセンさんあらわれる。チョウセンがトウタク暗殺しようとすると、余裕でかわ...... [続きを読む]

受信: 2009年11月 8日 (日) 21時41分

« アスラクライン:最終話(第13話) | トップページ | シャングリ・ラ(第13話) »