« 咲-Saki-(第13話) | トップページ | 戦場のヴァルキュリア(第13話) »

ティアーズ・トゥ・ティアラ(第13話)

この作品のストーリーのパターンで俺が評価を下げる1つの要因になっている「仲間集め」シリーズ。今回はアルサル[ CV:石井真 ]も単純バカって訳じゃないんだよ!っていうテーマもくっついてるんだけど、どうにも面白さがない。何故か。それはこの作品が戦いと仲間集めでしかストーリーや登場人物の人間性を描けてないから。

戦争がテーマならそれも当然では?というご意見もごもっとも。それはそれで悪いとは思わない。だけどスポーツがテーマでも恋愛の要素が入ることで主人公が成長したり、恋愛ドラマでも何かに打ち込む主人公がいたり。主なテーマとはもう1つ別のところでその人間性が形成されていった背景とかドラマを描くことでストーリーもその人物も同時に深くなる。この作品には今のところそういう深さがない。表面的な展開に終始していて深さを楽しむ要素がない。俺にはこれが大きなマイナスです。

ティアーズ・トゥ・ティアラ(@TVK:アナログ) / アニメーション制作:WHITE FOX

|

« 咲-Saki-(第13話) | トップページ | 戦場のヴァルキュリア(第13話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ティアーズ・トゥ・ティアラ(第13話):

» ティアーズ・トゥ・ティアラ 13話「ブリガンデス」 [ワルキューレBlog]
ティアーズ・トゥ・ティアラ 13話「ブリガンデス」の感想 [続きを読む]

受信: 2009年7月 1日 (水) 09時38分

« 咲-Saki-(第13話) | トップページ | 戦場のヴァルキュリア(第13話) »