« 戦場のヴァルキュリア(第15話) | トップページ | 懺・さよなら絶望先生(第2話) »

ティアーズ・トゥ・ティアラ(第15話)

14話の壁画の謎を誰かが解く必要もなく、アロウン[ CV:大川透 ]の正体が明らかになった。魔王ではなく妖精、それも「白の妖精」と呼ばれたかなりの権力者。一方でアルサル[ CV:石井真 ]の父親の殺した張本人。

今回ばかりはアルサルがプッツンした方にむしろ賛同だな。さすがにリアンノン[ CV:後藤邑子 ]は寛大すぎる気がする。それともリアンノンが見た過去のアロウンの姿。ゲールはアロウンをないがしろにした過去を持っているということなのか?時間的にはアルサルの父親が殺されたよりも後の話?PC版プレイ済みのはずなんだけど、この展開には全く記憶がない。そろそろPS3版のオリジナル展開、もしくはアニメ版オリジナル展開に入ってきたのか?

ティアーズ・トゥ・ティアラ(@TVK:アナログ) / アニメーション制作:WHITE FOX

|

« 戦場のヴァルキュリア(第15話) | トップページ | 懺・さよなら絶望先生(第2話) »

コメント

あの話の展開、PC版から変わってませんよ?

投稿: とおりすがりです。 | 2009年7月17日 (金) 09時30分

コメントありがとうございます。

PC版と同じなんですね。ということはこの先は自分の中に一切記憶がないということもはっきりしました^-^;

ここからは新鮮な気持ちで見られるかも?

投稿: dr.ume | 2009年7月18日 (土) 00時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ティアーズ・トゥ・ティアラ(第15話):

« 戦場のヴァルキュリア(第15話) | トップページ | 懺・さよなら絶望先生(第2話) »