« うみものがたり~あたながいてくれたコト~(第5話) | トップページ | PandoraHearts(第14話) »

よくわかる現代魔法(第3話)

15才の弓子[ CV:戸松遙 ]と15才のこよみ[ CV:野中藍 ]の本当の出会い。時間軸としては1話の方が過去の話だけど、こよみ自身は弓子に会ったことがある雰囲気だったのはこういうことか。そしてこの後、何らかの理由でこよみは過去に行く事になるんだろう。「時間」を上手く表現して、演出としてストーリーに絡めるやり方は結構好きだな。

その弓子との出会いは今も昔もパンツ絡みというのが「よくわかる現代魔法」の作風を表現しているようでもあるが、それを加味しても今回の内容は結構面白かった。最後にラックの上からタライが落ちてびしょぬれ、オマケに弓子にタライ直撃のオチは思わず笑った。少し前のシーンで聡史郎[ CV:浅沼晋太郎 ]にタライを持っていけと言われ、大きなタライを背負って歩くこよみ。最近はあまりバラエティでも見なくなったタライだけに、この絵柄のアニメでヒロインの一人がタライを背負っている姿はあまりにシュール。

そんなわけで、やっぱりストーリーは意外と見所ありそうな気がしている。

よくわかる現代魔法(@BS11) / アニメーション制作:ノーマッド

|

« うみものがたり~あたながいてくれたコト~(第5話) | トップページ | PandoraHearts(第14話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: よくわかる現代魔法(第3話):

« うみものがたり~あたながいてくれたコト~(第5話) | トップページ | PandoraHearts(第14話) »