« 亡念のザムド(第14話) | トップページ | シャングリ・ラ(第15話) »

青い花(第3話)

ふみ[ CV:高部あい ]恭己[ CV:石松千恵美 ]のデート、そしてあきら[ CV:儀武ゆう子 ]の合コン。これは遭遇じゃないの?と思ってたんだけど、いっこうにその気配なし。方や恭己に夢中のふみ、方やお兄ちゃんの尾行で大泣き。なんとも対照的な結果に。

そして運命の瞬間は図書室でした。ふみと恭己のキスシーン。モノローグによりそれがキスだったことが分かるだけだけど、百合作品として最も美しいのがこの「想像をかき立てる」シーンだよね。直接的な表現、卑猥な表現を敢えて避けて、そして今回の場合はモノローグすら無くても良かったんじゃないだろうか。これはキスしたのか?してないのか?どうなんだ?という想像力をかき立てたまま、種明かしは次回でというのもありだろう。

オフィシャルサイトでは既に6話までのあらすじが公開されていて、全11話ととにかく短いこの作品の折り返しまではひとまずふみと恭己がストーリーの中心に。あきらはまだふみの幼なじみという位置づけのままだけど、談笑するふみと恭己を寂しそうに見つめるあきらの表情を見てしまうと、やはりこのままでは終わらないぞ!という期待が大きくなります。

青い花(@フジテレビ:デジタル) / アニメーション制作:J.C.STAFF

|

« 亡念のザムド(第14話) | トップページ | シャングリ・ラ(第15話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青い花(第3話):

« 亡念のザムド(第14話) | トップページ | シャングリ・ラ(第15話) »