« 懺・さよなら絶望先生(第4話) | トップページ | 亡念のザムド(第16話) »

宙のまにまに(第4話)

まるで付き合ってるかのようにラブラブな美星[ CV:伊藤かな恵 ][ CV:前野智昭 ]。そりゃ[ CV:戸松遙 ]も「もんもん」でしょう、そうでしょう。今まで意図的に?美星のことを「女の子」として意識して来なかった朔も、姫の一言、というよりもそれを受けた美星の「大好きだよ」にすっかり惑わされてる様子。

せっかくの合宿だったのに、朔も姫もどうもギクシャクした感じが抜けないままで初日に突入。それでも引きずっちゃダメ!と気持ちを入れ替えようとする朔。朔って結構強いんだな。一方で強気に見える姫の方は、弱い面が結構分かりやすい。だからこそ表面的には強気に出ているのかも。朔との仲を進展させたいと考える姫だけど、美星を悲しませてやりたい!という想いがあるわけではないと思うので、そのあたりの葛藤に悩まされそうな気も。

それにしても姫と戸松遙のマッチングはすごいな。この手の強気キャラをやらせると、戸松遙の本領発揮だ。

宙のまにまに(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:スタジオコメット

|

« 懺・さよなら絶望先生(第4話) | トップページ | 亡念のザムド(第16話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宙のまにまに(第4話):

« 懺・さよなら絶望先生(第4話) | トップページ | 亡念のザムド(第16話) »