« よくわかる現代魔法(第3話) | トップページ | CANAAN(第4話) »

PandoraHearts(第14話)

次々と明らかになるアリス[ CV:川澄綾子 ]の記憶の世界の真実。その光景は100年前に起きた「サブリエの悲劇」と呼ばれる事件の現場のようだ。そこでアリスが100年前を生きた人間の少女であったという事実、そこで出会ったヴィンセント[ CV:福山潤 ]とおぼしき少年。これでオズ[ CV:皆川純子 ]は確証に近い考えを抱く。ヴィンセントとギルバート[ CV:鳥海浩輔 ]は100年前にアヴィスに落とされ、未来に戻ってきたのではないかと。

ここまでの事実でも「そうきたか!」と思わせる面白さがあったけど、もう1つはアリスを殺したのがいったいだれか?ということ。まさかとは思いますが、オズもこの事件に関わっていると言うことはないよな?そもそも何でアリスが殺されなければならなかったのか。その理由はよく分からない。アヴィスにサブリエを落とすために必要だったのか?全ての真相はサブリエの悲劇にありそうで、オズにとっては誰が敵で誰が味方なのかもよく分からない混沌とした状態に。俺の中ではあと1歩、物語にのめり込むには何かが不足している気がするけど、ストーリーの展開はかなり盛り上がってきたかな。

PandoraHearts(@BS-TBS) / アニメーション制作:XEBEC

|

« よくわかる現代魔法(第3話) | トップページ | CANAAN(第4話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PandoraHearts(第14話):

« よくわかる現代魔法(第3話) | トップページ | CANAAN(第4話) »