« 宙のまにまに(第7話) | トップページ | 蒼天航路(第20話) »

07-GHOST(第20話)

既に感想で何度も書いてるけど、どうにも俺にはテイト[ CV:斎賀みつき ]ハクレン[ CV:福山潤 ]の友情関係が嘘くさく見えてしょうがない。この二人、必要以上に直情的で直感的なんだよな。これって絶対女の人の感性だと思う。具体的に「ココが変!」ってズバリ指摘出来ないのがもどかしいんだけど、この二人の友情「ごっこ」って凄く嘘くさいんだよな。そう見えてしまう。意図的演出なのか?だとしたら凄いことだけど・・。

グチはさておき。意外にもあっさりとミカエルの瞳はアヤナミ[ CV:速水奨 ]に取られてしまった。当然のごとく、アヤナミの目的はミカエルの瞳であって、その後の抜け殻であるテイトには興味ないと思っていたら、どうやらテイトの存在自体がこの作品の中でかなり意味のある位置にいる気配。ストーリーの深さという意味では、07-GHOSTは結構面白いんだよな。

07-GHOST(@テレ玉:アナログ) / アニメーション制作:スタジオディーン

|

« 宙のまにまに(第7話) | トップページ | 蒼天航路(第20話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/45975424

この記事へのトラックバック一覧です: 07-GHOST(第20話):

« 宙のまにまに(第7話) | トップページ | 蒼天航路(第20話) »