« かなめも(第5話) | トップページ | 懺・さよなら絶望先生(第5話) »

戦場のヴァルキュリア(第18話)

イサラ[ CV:桑島法子 ]はやはり避けられなかった。イサラの死の瞬間はロージー[ CV:皆川純子 ]の回想で語られたけれど、その死の瞬間とその後のロージーの苦しみ。このあたりの描き方が妙にリアリティがあって、急激にこの作品の雰囲気が重くなった。それだけここが第一小隊にとってのヤマ場だということだろう。

17話の感想ではこの出来事をきっかけにウェルキン[ CV:千葉進歩 ]が人間として成長してくれることを期待した。むしろそれが自然な流れかな?と思っていたが、どうもこのウェルキンは相当にひねくれた性格のようで、おかしな方にスイッチが入ってしまった。アリシア[ CV:井上麻里奈 ]ファルディオ[ CV:櫻井孝宏 ]に何を言われようと効果なし。

ウジウジするわけでもなく、悲しみに決起するわけでもなく、ひたすら無関心を装うとするこのウェルキンの態度。結局は他の第一小隊のメンバーに甘えているだけに見える。でもこれは俯瞰して見ているからこそ言えること。今のウェルキンが置かれている状況は理解できなくもない。一方でここまで徹底的にイサラの死を「割り切った」フリをしていると、本音を吐露するきっかけが果たしてあるのか?このままだとウェルキンは精神的につぶれてしまう気がする。

戦場のヴァルキュリア(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:A-1 Pictures

|

« かなめも(第5話) | トップページ | 懺・さよなら絶望先生(第5話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/45839950

この記事へのトラックバック一覧です: 戦場のヴァルキュリア(第18話):

« かなめも(第5話) | トップページ | 懺・さよなら絶望先生(第5話) »