« 宙のまにまに(第8話) | トップページ | シャングリ・ラ(第21話) »

亡念のザムド(第20話)

20話で強烈なイメージとして強く記憶に残ったのはやはりクジレイカ[ CV:朴ロ美 ]かな。ナキアミ[ CV:三瓶由布子 ]との関係にしても、テシクの族長という立場にしても、何かちょっと違っただけで、こんな悲壮に満ちた結末を迎えることはなかったんじゃないのか。族長として奉られても、クジレイカの心に満ちた寂しさと孤独感をぬぐい去ることは出来なかった。

このクジレイカの立場とリンクするのがミドリ[ CV:藤村歩 ]。実験体として既に引き返せないところまで来ているのか?親父連中が再び立ち上がろうとしている姿は、ちょっと頼もしく見えた。

そしてハル[ CV:折笠富美子 ]とのツーショットがやはりしっくりくるアキユキ[ CV:阿部敦 ]。あの謎のヒルケン皇帝[ CV:古谷徹 ]といよいよ遭遇なのか?

亡念のザムド(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:BONES

|

« 宙のまにまに(第8話) | トップページ | シャングリ・ラ(第21話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/46044130

この記事へのトラックバック一覧です: 亡念のザムド(第20話):

« 宙のまにまに(第8話) | トップページ | シャングリ・ラ(第21話) »