« かなめも(第7話) | トップページ | 咲-Saki-(第20話) »

ティアーズ・トゥ・ティアラ(第20話)

遂に明かされたアロウン[ CV:大川透 ]の過去。いや~、今回はハマッた。グッと来た。いい話だった。ミルディン[ CV:小形満 ]が最後、自らのみを犠牲にしてでも人間に希望を託そうとしたその行動。それによってアロウンに真実を見せる、ということだったけど、俺はちょっと違う解釈もしてみた。

ミルディンにから見ると、妖精界で立場の弱くなっているミルディンを必死で庇おうとするアロウンの姿に、安心したという思いも少なからずあったんじゃないか。寒さに凍えながら一人の子供を守り通した人間と、何か通じる物を感じたということは無かったんだろうか。だからミルディンは安心してアロウンに全てを任せた。都合のいい解釈かもしれないけど、俺はそう理解したい。

ティアーズ・トゥ・ティアラ(@TVK:アナログ) / アニメーション制作:WHITE FOX

|

« かなめも(第7話) | トップページ | 咲-Saki-(第20話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/45958892

この記事へのトラックバック一覧です: ティアーズ・トゥ・ティアラ(第20話):

« かなめも(第7話) | トップページ | 咲-Saki-(第20話) »