« 蒼天航路(第21話) | トップページ | 亡念のザムド(第20話) »

宙のまにまに(第8話)

いいね~。青春だね。アニメの題材としては当然のように運動部の方が多いし、たまにある文化系の部も「現代視覚文化研究会」だったり「SOS団」だったりと、あんまり普通の部がない(笑)。宙のまにまには文化系の部でも青春出来るんだぞ!っていう作者の想いとこだわりが詰まってると思う。そのこだわりは美星[ CV:伊藤かな恵 ]を始めとした天文部の部員に乗りうつってる。

真面目に8話を見て、高校の文化系部活で、文化祭を経験してみたいな~と思った。

宙のまにまに(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:スタジオコメット

|

« 蒼天航路(第21話) | トップページ | 亡念のザムド(第20話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/46040361

この記事へのトラックバック一覧です: 宙のまにまに(第8話):

» (アニメ感想) 宙のまにまに 第8話 「イルミネイト グラウンド」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
宙のまにまに Vol.3 (初回限定版) [DVD]クチコミを見る プラネタリウムも何とか完成をむかえ、ついに文化祭がスタート。出し物コンテスト入賞を目指し、一致団結した天文学部員達はプラネタリウムを沢山の人たちに見てもらおうと奮闘していた・・・。 ↑ポチって押して頂....... [続きを読む]

受信: 2009年8月31日 (月) 03時07分

« 蒼天航路(第21話) | トップページ | 亡念のザムド(第20話) »