« 2009年10月のアニメ新番組・関東U局星取り表 | トップページ | 蒼天航路(第25話) »

懺・さよなら絶望先生(第12話)

前回の感想の話数が間違って12話になってました。今週分が12話です。失礼しました。さて1本目。「三次のあと」。「みよしのあと」じゃなくて「さんじのあと」だよな?シュレディンガーの猫。良く聞く言葉ではあるがその本質はよく分かってない。というか俺にはたぶん理解できない(笑)。それをある意味で分かりやすくアレンジしてくれたんだと思う。こういう話は楽しんだもん勝ち。録画だけしておいて見ないことにより、面白い絶望先生の12話とつまらない12話の両方が存在するという話でした。あれ。

2本目。「葬られ損ねた秘密」。きました某国ネタ。原作でも連載時に読んだ記憶がある。そしてさすがにこれはヤバくね?と思った内容がまさかアニメ化されるとは・・。ミサイルネタは少々時事ネタとして旬が過ぎた感もあり、逆に言えばだからこそ今アニメのエピソードにしても許されると踏んだのか。いや、果たしてこれは許されているんだろうか・・。

3本目。「閉門のススメ パート2」。前回の続き。[ CV:矢島晶子 ]が最後は学校を買収して授業再開のオチ。そういえばこんなオチだったな。

え~と4本目?「いけないカエレ先生」。確かこのネタ自体は原作にもあった気がするが、アニメ版は完全に小林ゆうのための時間になってましたとさ(笑)。

懺・さよなら絶望先生(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:SHAFT

|

« 2009年10月のアニメ新番組・関東U局星取り表 | トップページ | 蒼天航路(第25話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/46302028

この記事へのトラックバック一覧です: 懺・さよなら絶望先生(第12話):

« 2009年10月のアニメ新番組・関東U局星取り表 | トップページ | 蒼天航路(第25話) »