« バスカッシュ!(第24話) | トップページ | GUIN SAGA - グイン・サーガ(第25話) »

うみものがたり~あたながいてくれたコト~:最終話(第12話)

▼最終話
そっか。最後はマリン[ CV:阿澄佳奈 ]たちと夏音[ CV:寿美菜子 ]の別れで締めくくりか。無性に寂しいけど、マリンにも夏音にも大きな思い出となって心に残った夏の出来事。ここで最後に実は帰ってきました!みたいな展開になるよりは、二人とも納得してるんだけど、単純なハッピーエンドとはちょっと違う。こういう考えさせられる展開は俺の好みなので、実にうまくまとめてくれたと思う。

▼意外と言っては失礼か
最初はパチンコタイアップの企画先行アニメでしょ?とばかりに、まったく期待せずに見始めた。最初は見るのも止めようかと思ったくらい。ところが。ARIAシリーズの佐藤監督を始めとして、脚本の吉田玲子氏など良く見れば俺の好きな作品を多く手がけたスタッフの名前がずらり。そりゃー面白くもなるよ。この作品の面白さは基本的にすべてが単純なところ。だからこそ理解も早いしのめりこみも深くなる。単純で明快だからこその面白さを追求した光と影の対立構図に、人とのつながり、絆を絡めた内容の構成は見事でした。

▼BGMの使い方
BGMの使い方に特徴のある監督といえば、まっさきに真下監督が思い浮かぶ。この作品はそれと並ぶ位に音楽が印象に残った。ピアノを基調にしたBGMがほぼ全編を通して流れていて、それが場面に応じて明るくなったりおどろおどろしくなったり。水に囲まれた海の中の世界が、まさにこのBGMに包まれているような感覚によって、実にわかりやすく表現されていた。周りにいつも何かあるような感覚。夏音の感覚になるんだろうか?とにかく、ちょっと珍しいBGMの使い方だよね。

▼味のある登場人物
この作品、一番のお気に入りキャラクターは大島[ CV:豊崎愛生 ]だったりします。苗字だけで名前すら設定のない大島、そしてヒロインの彼氏というそこそこどころか、相当に重要な位置にいるはずの小島[ CV:沢城みゆき ]ですら苗字だけ。こんなぞんざいな扱いをされながら、なんとも憎めないこの二人。この二人なくしてはストーリーも成り立たないし、俺は好きだな~。特に大島(笑)。

うみものがたり(@TBS:デジタル) / アニメーション制作:ZEXCS

|

« バスカッシュ!(第24話) | トップページ | GUIN SAGA - グイン・サーガ(第25話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/46256016

この記事へのトラックバック一覧です: うみものがたり~あたながいてくれたコト~:最終話(第12話):

« バスカッシュ!(第24話) | トップページ | GUIN SAGA - グイン・サーガ(第25話) »