« プリンセスラバー!(第10話) | トップページ | 東京マグニチュード8.0(第10話) »

ファイト一発!充電ちゃん!!:最終話(第12話)

▼最終話
あれだけ警戒深度が深かった閃登[ CV:高橋広樹 ]が随分と単純に復活してしまったけれど、総じて上手いことまとめたな~って感じ。ラブコメではあるけど、王道としては誰ともくっつかず誰とも別れず。その王道を地で行く展開。もっと薄い内容でまとまるかな?と最初は思っていただけに、意外なまでにストーリーが詰まっていたので、それほど退屈はせずに見られた気がする。結局ロナ[ CV:平野綾 ]も閃登に懐く展開も驚きはないけど、平和に終わって良かったな~と。2ndシーズンもありそうな思わせぶりな絵もありましたが、果たして。

▼前半はエロとお馬鹿
クイーンズブレイド後に番宣が流れ始めたのは番組開始の1ヶ月前くらいか?とにかく「エロ!」というイメージを受け付けて置いて、始まってみるとそれほどエロでもなかった。とは言え表現的には地上波には少々ムリがあると思われる内容。1話を見たときから「最後はハートフル路線かな?」という予想が立てられるくらいに、前半は飛ばしてた。メインキャラクターも多くないし、人間ドラマというよりはネタ勝負!というイメージが強かったけど、その「ネタ」事態はそれなりに楽しめる内容だったかな。

▼後半は予定通りの方向へ
ぷらぐ[ CV:福原香織 ]アレスタ[ CV:高垣彩陽 ]がいがみ合わなくなってきたあたりから、ネタからストーリー中心の展開にシフト。正直言ってここから退屈になるかな?と思っていたんだけど、意外や意外。これが結構見られてしまう内容だった。どこが良かったんだろう?エロが抑え気味になったことに加えて、ぷらぐとかアレスタが真剣に充電する姿に見入ってしまうことも。前半エロで惹きつけて、後半ストーリーに目を向けさせる作品は多々あったけど、上手いこと繋いだ珍しい例じゃないだろうか。

▼CSならではの作品
映像表現もそうだけど、ネタ要素の強い作品はどうしても地上波には向かない。となるとOVAかCSになるわけだけど、そういう意味ではこの作品はCSに実にハマる作品だったと思う。映像面ではCSはサイドカット、パッケージではおそらく16:9。AT-Xを16:9のHD画質で見る環境は現時点では無かったわけで、4:3の放送でも問題なし。作画クオリティも原画・動画のレベルにおいては問題なく、クオリティコントロールもしっかり出来てたかな。地上波で放送されたらわざわざ見たいか?と言われると微妙だけど、せっかくAT-Xにお金払ってるなら見ておいても損はしないかな?

ファイト一発!充電ちゃん!!(@AT-X) / アニメーション制作:スタジオ雲雀

|

« プリンセスラバー!(第10話) | トップページ | 東京マグニチュード8.0(第10話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/46178438

この記事へのトラックバック一覧です: ファイト一発!充電ちゃん!!:最終話(第12話):

« プリンセスラバー!(第10話) | トップページ | 東京マグニチュード8.0(第10話) »