« 亡念のザムド(第24話) | トップページ | クイーンズブレイド 王座を継ぐ者(第1話) »

プリンセスラバー!:最終話(第12話)

▼最終話
主人公哲平[ CV:寺島拓篤 ]がヒロインシャル[ CV:柚木涼香 ]を救出してハッピーエンド。分かりやすく言えばそんな展開ですが、ハルトマン[ CV:小杉十郎太 ]に説教をする哲平も、ジョセフィン[ CV:田中敦子 ]を懸命に助けるシャルも、それぞれの出会いが大きく二人の人生や考え方を変えたんだな~と、そんな印象が強かった。聖華[ CV:加藤英美里 ]シルヴィ[ CV:豊口めぐみ ][ CV:松岡由貴 ]も、みんなそれぞれ成長したな~と思える良い終わり方だったと思う。

▼ストーリーの組み立て
エロゲ原作のアニメ化に際しては、適当に全部のヒロインとのシナリオを入れつつ、最後はメインヒロインとのハッピーエンドに無理矢理持っていくために、全体のストーリーバランスが崩れる作品が多々ある。プリラバのアニメ版が果たしてどれだけ原作のシナリオをトレースしていたのかはPC版未プレイなので分からないけど、主人公である哲平と4人のヒロインとの関係が実に上手くストーリーに組み入れられていた。前半は突然放り込まれた特殊な環境に奮闘することに精一杯だった哲平。それに慣れてきた後半はシャルへの優しさとその他の3人への優しさは明確に違った形で描かれていた。八方美人にならず、それでいて他のヒロインもシナリオ上しっかりと存在意義を発揮させる。骨格がしっかりしていたので、最後まで1つの作品として違和感なく楽しめた。

▼無理のない哲平の人間性
ストーリーの組み立てが良くても、肝心の部品が面白くないとどうしようもない。そんな中で前半は社交部への加入条件を満たすために、哲平が知恵を絞る学園生活中心。後半は一転して国家間の紛争に繋がり兼ねない重大事件が。哲平を中心に見ると、前半は与えられた環境の中で慢心せずに努力する哲平の姿が印象的だった。後半は社交部に入部するまでの課程で得られた信頼関係を基にして、シャルを始めとした周りの女の子との関係を深める。ここまでの課程がとっても自然に、確かにそうなるなと思わせる展開。出会って最初からみんなベタ惚れ!みたいな流れもまぁ悪くはないけれど、哲平があくまで普通の庶民の息子であって、与えられた状況に対して自然な反応をしてくれていたことが、見ている側も自然に楽しめた大きな理由かも。

▼キャラクターデザイン
PC版のイラストなどを見ていると、アニメ版は表情を含めて顔を動かすことを前提にデザインが少々変更されている。ビジュアルはこの手の作品では相当に重要な要素を占めることになるけど、全体としては合格。ただし顔からの下の体のバランスとか、細かいシーン毎のクオリティのばらつきについては、話数によっては目立つこともあった。画面の左下が常に紫っぽくなったりとか、パッケージソフト向けに用意されたサービスカットはテレビ版では真っ黒に塗りつぶされて少々違和感はあったけど、作品の世界観を壊すまでではなかったかな。全体的にはHD画質で見るに値する綺麗な映像だった。

プリンセスラバー!(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:GoHands

|

« 亡念のザムド(第24話) | トップページ | クイーンズブレイド 王座を継ぐ者(第1話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/46302105

この記事へのトラックバック一覧です: プリンセスラバー!:最終話(第12話):

« 亡念のザムド(第24話) | トップページ | クイーンズブレイド 王座を継ぐ者(第1話) »