« PandoraHearts(第21話) | トップページ | GA 芸術科アートデザインクラス(第10話) »

CANAAN(第11話)

リャン・チー[ CV:田中理恵 ]の狂気に満ちたアルファルド[ CV:坂本真綾 ]への愛情。それをやりきれない気持ちで見つめるカミングズ[ CV:大川透 ]。この人、意外とまともというか人情に厚い人なんだよな。最後、自らの手でリャン・チーを殺さなければならなかった、この絶望感は相当なものだろう。

そしてサンタナ[ CV:平田広明 ]と共に死を選んだハッコー[ CV:能登麻美子 ]。ハッコーが死を選んだ理由を、まだカナン[ CV:沢城みゆき ]は理解できていないみたい。

それをカナンが理解できるとすれば、やはりマリア[ CV:南條愛乃 ]の存在。そのマリアもまずはカナンにカメラを向けて1枚写真を撮った。撮ることが出来た。だいぶ強くなってきた。

CANAAN(@TOKYO MX:デジタル) / アニメーション制作:P.A.WORKS

|

« PandoraHearts(第21話) | トップページ | GA 芸術科アートデザインクラス(第10話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/46206016

この記事へのトラックバック一覧です: CANAAN(第11話):

» (アニメ感想) CANAAN 第11話 「彼女添」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
CANAAN【1】 [Blu-ray]クチコミを見る リャン・チーという狂キャラがこの作品にいてくれた事に感謝。この作品で、誰よりも存在感を放っているのが彼女・・・しかし、今回は・・・。 ↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きま....... [続きを読む]

受信: 2009年9月17日 (木) 14時16分

« PandoraHearts(第21話) | トップページ | GA 芸術科アートデザインクラス(第10話) »